Shige's Photo Diaryに登場する曲を中心に音楽についての四方山話を綴ります


by shigepianoman2

歌の贈りもの

バリー・マニロウ / BMGビクター



こちらのブログは放置気味ですが、せっかくですから今年最後の記事ぐらいは少しだけ気合を入れて書きますね。今日ご紹介するのはバリー・マニロウのI write the songs、邦題は「歌の贈りもの」です。

バリー・マニロウはかつて記事にしました(こちらこちら)。この曲を書いたのはビーチ・ボーイズのメンバーとして有名なブルース・ジョンストンですが、バリー・マニロウは自分の歌であるかのように見事にこの歌の世界を自分のものにしています。大ヒットし、全米No.1を獲得しました。


私はずっと長い間生きてきた
最初の歌を作ったのは私だ
言葉とメロディを一緒にしたんだ
そう、私は「音楽」、歌を作りし者

世界中のみんなが歌う歌を
愛や特別なできごとの歌を
若い女の子が泣くような歌を
私は作るんだ

私はあなたの中、奥深くにいる
あなたの魂の中にいるんだ
あなたの目を通して世界を眺めると
たとえ私が年老いていたとしても
もう一度若返ることができるんだ


シンプルですが、なんとも壮大な歌詞ですね。なんたって私は「音楽」だってことですから(笑)。音楽というものの素晴らしさ、人の心と心をつなげていく素晴らしさを力強く歌っています。この曲を聴くとなぜか元気がでて、楽観的になれます。


バリー・マニロウのバージョンです。歌詞つき(笑)。




オリジナルのブルース・ジョンストンのバージョンです。ゆったりとしてます。




今年は新型インフルエンザの流行、景気の低迷、目を背けたくなるような事件など嫌なことがたくさんありました。日本全体に元気がなく、このままだめになっていくのではないかという悲観的な空気に包まれていました。人々は想像力を失い、心の余裕も失くしてしまったようにみえました。こんな時こそ歌を聴いて、前に向かう勇気を取り戻したいものです。

さて、今年も私のブログ、Slightly out of Tuneにお付き合いくださいまして、ありがとうございました。また、来年もよろしくお願いいたします。それではよいお年を。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-12-29 11:42 | Pops

Him

グレイテスト・ヒッツ

ルパート・ホルムズ / ユニバーサル インターナショナル



ここのところ純粋な愛の歌が多かったので、今日は少し趣を変えて三角関係の曲にしましょう(笑)。ルパート・ホルムズ(Rupert Holmes)のHimです。彼の最高傑作とされる「Patners in Crime」に収録され、全米6位のヒットを記録しています。全米No.1ヒットナンバー、Escapeもこのアルバムに収録されています。ルパート・ホルムズは70年代のAORシーンに一時代を築いただけでなく、作曲家・プロデューサーとしても活躍し、バーバラ・ストライザンドなどに多くの曲を提供しています。amazonに「Partners in Crime」がなかったので、この記事では代わりにベスト盤を掲載しておきますね。


窓辺に煙草のパッケージが
でもそれは僕のじゃない
時々女性ってのは忘れてしまう

彼女は隠すのを忘れたんだ
誰かわかってるよ
彼女はただの友達だっていうだろうね
何言ってるんだ、わかってるよ

彼女は彼をどうするつもりなんだろう
彼と別れるか
それとも僕と別れるか
代償は払うべきさ
彼か僕かどちらかだ


純粋な愛も現実、でもこんな愛も現実・・・ですね。

YouTubeの映像をアップしておきます。



さていつものように和訳の解説です。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-29 22:02 | Pops

Mandy

歌の贈りもの~ベスト・オブ・バリー・マニロウ

バリー・マニロウ / BMG JAPAN



中学、高校の頃はよくラジオを聴いてました。その頃は洋楽ヒット曲のトップ10を紹介するなんて番組をよくやってました。そんな番組でもよく登場していたのが、バリー・マニロウ(Barry Manilow)でした。バリー・マニロウはシナトラを継ぐとも言われたアメリカのポピュラー音楽の歌手。タキシードを着て、手を大きく広げて歌うなんていう感じのアメリカンエンターテイメントそのもので、中学生、高校生が聴くタイプのい音楽ではないのですが、そんなアメリカンな明るさが好きでこっそり聞いてました(笑)。みなさんもコパカバーナなんて憶えていらっしゃるのではありませんか。彼はエンターテーナーというよりは、総合音楽家ともいうべき人で、ジュリアード音楽院卒業でピアノも弾き、プロデュースもするという才能にあふれた人です。ベット・ミドラー、ディオンヌ・ワーウィック、ローズマリー・クルーニーなどのアルバムをプロデュースしたとか、ミュージカルや映画のために曲を書いたとか、多彩な音楽活動を行っています。

Wikipediaによると、「2007年4月現在、全世界で通算7,500万枚以上のセールスを記録。1978年には5枚のアルバムがベストセラーとなった。この記録はフランク・シナトラとジョニー・マティスの記録に匹敵する。シングルがビルボードトップ100にランクインし、アルバムの売り上げが200万枚を記録し、ラジオ&レコーズのナンバー1アダルト・コンテンポラリー・アーティストと呼ばれ、3年連続でアメリカン・ミュージック・アウォーズのFavoritePop/Rock Male Artistを受賞した。」などという輝かしい経歴の持ち主でもあります。

さて、今日ご紹介するのは彼の歌の中でも僕のいちばん好きな曲、Mandyです。彼の初めての大ヒット曲で全米No.1を獲得しました。↑のアルバムはベスト版です。


僕は一生忘れない
雨に凍えるような日々を

窓越しに人の影や顔をながめ
夜には目を涙に濡らし
そして夜が朝になり、次の日がやってくる
幸せそうな人々が通り過ぎて
そんな彼らの目をみると
僕は思い出す

どうして気付かなかったんだろう
君がいたから幸せだったのに

君は無償の愛を僕にくれた
でも僕は君を去らせてしまった
君はキスをして震える僕を癒してくれたのに
マンディ、もどってきてくれよ


最初の数節は情景が浮かんでくるようですね。イメージとしてはグレイ。灰色のむなしい日々が淡々と綴られます。

YouTubeの映像をアップしておきます。なんと歌詞付きです(笑)。



そうそう、彼の記事はこちらにもアップしてました(Can't smile without you)。そちらもあわせてどうぞ。

恒例の和訳解説です。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-25 21:47 | Pops

You are the sunshine of my life

Talking Book

Stevie Wonder / Uptown/Universal



スティービー・ワンダーは何度か登場していますが、今日はこの曲、You are the sunshine of my lifeをご紹介しましょう。何ともストレートなラブソング。聞いているだけで明るい気分になってしまいます。こんなに純粋な心で純粋な気持ちを伝えられたらいいですね。なかなか、日本語では難しいです(苦笑)。この曲は1972年にリリースされたアルバム、「Talking Book」に収録されています。You are the sunshine of my lifeはSuperstitionとともに全米No.1を獲得しています。


君は僕の太陽だから
僕はいつも君の傍にいる
君はいちばん大切な人だから
ずっと僕の心の中にいるよ

もう百万年も君を愛しているのに
まるで恋が今から始まるようだね
この恋が終わるなんて考えたら
涙で溺れてしまうよ

君は僕が寂しかったって知ってたんだね
そんな僕を救ってくれたんだから
もう天にも昇る気分さ
どうしてこんなにも愛してくれるんだい


いやあ、もうお腹一杯(笑)。

YouTubeの音源です




ライブ映像です



さて歌詞の訳ですが・・・
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-10 22:26 | R&B/Soul

Definitive Collection

Eric Carmen / Arista



今日の記事は199件目、200記事まであとひとつです。金曜~日曜あたりにアップとなりそうです(うまくいけば・・・)。

今日はエリック・カルメンの最大のヒット曲、All by myselfをご紹介します。

エリック・カルメンは70年代~80年代に活躍したアメリカのロック・ボーカリストです。その甘いマスクと歌声に魅了された方も多いかと思います。幼少の頃から音楽に親しみ、3歳になった時すでにクリーブランド研究所に登録されたというから驚きです。小学生の頃にはもう自分で曲を書いていました。そんな彼がビートルズやストーンズに影響され、ロックに目覚めバンドを結成したのが、高校生の時でした。大学に入るとラズベリーズを結成、ボーカリストとしてメジャーデビューを果たしました。ラズベリーズは1974年には解散、エリックはソロボーカリストとして活躍しはじめ、Never gonna fallin' love again、Change of Heart、That's rocck'n roll、Boats against the currentなどのヒットをとばします。彼は作曲家としても才能を発揮しました。映画「フット・ルース」にAlmost Paradise、「ダーティダンシング」にHungry eyes、Make me lose controlなどを提供しています。

All by myselfはエリックのソロ転向後の第1弾シングルとなったバラードで、彼の代表作です。1975年にシングルカットされ、1976年に全米最高位2位を記録しました。エリック自身が、自分の作品の中で最もいいメロディーを持った曲のひとつとして選んでいるほど美しい旋律の曲です。セリーヌ・ディオンなどもカバーしていますね。曲の途中でラフマニノフのピアノ協奏曲第2番第2楽章の一部が挿入されており、7分以上におよぶ大作となっています。歌詞はいたってシンプル。その分、余計に心に訴えるものがあります。


若い頃は誰も必要じゃなかった
人と愛し合うこともただの遊びだった
そんな日々は終わった

一人でいると
友達のことを思い出す
でも電話しても
誰もでないんだ

ひとりでいたくない
さみしいのはいやだ
孤独でいたくない
もうさみしいのはいやだ

心は穏やかではいられず
時々不安にかられる
愛はもはや遠くにかすんでいるけど
まだ僕を救ってくれるだろうか


歌の内容はちょっと暗いですが、でもエリック・カルメンってすっごくもてたんじゃなかったかな。かつて、インタビューで趣味はと聞かれて、「女の子」って答えているし(笑)。

YouTubeの映像です。



さて、恒例の和訳解説ですが・・・
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-04 09:10 | Rock

Only in my mind

FRONT SEAT

Sadao WatanabeElektra



かつて渡辺貞夫のアルバム、「フロント・シート」を記事にしたことがありました(こちらです)。その中でも僕のいちばん好きな曲が、Only in my mind。パティ・オースチンの明るい張りのあるボーカルとナベサダのまっすぐなサックスが素晴らしいです。歌詞の内容をご紹介したかったので、また記事にしますね。


恋することなんてなかったの
でも心の中だけでも
夢見てもいいかしら

きっとだれかいい人がいるよね
もうずっと待っているの
間違いないわ

そしてあなたが現れた
私の心を開いて
ひっそりとキスをしてくれた
夢が現実になったのよ


↓のPretty Womanよりは妄想よりも現実に近くなった段階ですね(爆)。恋はこんな時がいちばん楽しいかも。YouTubeの映像はありませんでした。残念。でも、このアルバムはほんとにいいので、ぜひ買ってください(笑)。

さてさて、この記事で198記事となりました。200記事目はどんなスペシャルにするかな?

さていつものように和訳の解説と思ったのですが・・・
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-03 21:55 | Jazz

I Just Fall In Love Again

New Kind of Feeling

Anne Murray / Green Line



↓の記事でEasy, foy you to take me to a starという歌詞を例として挙げました。YouTubeに動画があったのでアップします。この曲、カーペンターズも歌ってますね。たぶん、カーペンターズの方が先かな。

アン・マレーに関してはこの記事もどうぞご覧ください。

カーペンターズのバージョンも見つけたのでいっしょにどうぞ。どちらもこの歌に合う声ですね。安定したボーカルでゆったりと歌われると最高です。アンマレーのは、ご丁寧に歌詞付き(笑)。例示した歌詞は1分39秒あたりで出てきます。カーペンターズのは1分40秒あたり。あれっ、ほとんど同じですね(笑)。






[PR]
by shigepianoman2 | 2009-05-20 22:24 | Pops

Send One Your Love

シークレット・ライフ

スティーヴィー・ワンダー / ユニバーサル インターナショナル



久し振りのアップです。こちらのブログは文章が多いので、どうも忙しくなるとさぼってしまいます。

さて・・・
いつものように家で原稿書きなどの仕事をしながらiPodでシャッフルしながら曲を聴いていました。時々、お気に入りのところで手がとまってしまいます。この時もある曲のところでそうなりました。それがこのSend One Your Loveです。Stevie Wonderの数ある名曲の中でも特に好きな曲です。シンプルで親しみやすいメロディーと恥ずかしいくらいのストレートな歌詞が魅力な歌です。収録アルバムの「Journey Through the Secret Life of Plants」はセールス的には成功とはいえませんでしたが、このような名曲が含まれていることからもすぐれたアルバムだといえます。


彼女に愛を伝えようよ
1ダースのバラといっしょに
心から愛してるって
必ず彼女にわかってもらえるようにね

彼に愛しているって言おうよ
気持ちを抑えてはいけない
素直に気持ちを表すのに
理屈などいらないよ


ちょっと意訳ですが、シンプルな歌詞を損なわないようにしてみました。愛に対して斜に構えて冷めたふりをしている人々に、「何してるんだ。心の赴くままに愛を語ろう。情熱を抑える必要はないよ。」と優しく語りかけます。美しいメロディとシンプルなメロディ、そして何よりも甘いスティービーの声が、聴いている者を心地よく包みます。

みなさんはスティービーだと何が好きですか。僕はその他にOverjoyed(過去記事はこちら)、Isn't She Lovely、You Are the Sushine of My Life、Sir Duke、Ribbon In The Skyなど好きです。記事にしようかな・・・なんとか時間を確保しないと。

Send One Your Loveのクリップです。



Art Porterのカバーです。かっこいいのでついでに。


[PR]
by shigepianoman2 | 2009-03-22 17:09 | R&B/Soul

Close to You

Close to You

The Carpenters / A&M



明けましておめでとうございます。今年の最初の曲はカーペンターズの(They Long to Be) Close to Youです。バート・バカラックの楽曲で、リチャード・チェンバレンやディオンヌ・ワーウィックが歌うなど、多くの歌手によってカバーされています。この曲はカーペンターズの1970年8月に発表のオリジナル・セカンド・アルバムに先駆けて発売されたセカンドシングル曲であり、初めての大ヒット曲でカーペンターズの出世作になりました。


なぜなのかしら
あなたが近くにいると
いつも小鳥がふいに姿をみせるの

まるで私みたいね
あなたのそばにいたいのよ

なぜなのかしら
あなたが通り過ぎると
いつも星が空から流れ落ちるの

まるで私みたいね
あなたのそばにいたいのよ

あなたが生まれた日に
天使が集まって
夢をかなえようって決めたんだわ

月の砂をあなたの髪に
黄金の星の光をあなたの青い目に
散りばめようって

だからみんな女の子たちは
あなたを追いかけるのね

まるで私みたいね
あなたのそばにいたいのよ


聴いているだけでほんわかと心が温かくなってきます。カーペンターズの歌ってほんと心が和みますね。ところで、バート・バカラックですが、数々の名曲を作っています。雨にぬれても(Raindrops Keep Fallin' on My Head)、アーサーのテーマ (ニューヨーク・シティ・セレナーデ - Arthur's Theme)、アルフィー(Alfie) 小さな願い(I Say a Little Prayer)などは皆さんもご存知ではないでしょうか。

今年最初の曲を何にしようか、正直迷いました。U2(ベタすぎますね・・・笑)やChange the Worldも候補になったのですが、どういうわけかこの曲が心に留まりました。去年はいやなことの多い波乱の年でもあったので、少しさわやかな気分になりたかったんでしょうね。

YouTubeの動画です



この次は昨年の紅白評のあと、ビートルズ特集を再開いたしますね。こんな感じでマイペースでやってますが、今年も音楽ブログ、Slightly out of Tuneをよろしくお願いいたします。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-01-04 22:01 | Pops

You Needed Me

The Best...So Far
Anne Murray / Capitol



高校の頃だったと思います。ロック、そしてフュージョンへと聴くものが移行しつつあるころでした。ラジオからふと流れてきた静かなバラードに心が奪われました。シンプルな伴奏に、しっとりと安定したボーカル、そして美しい歌詞に心震わせたのを憶えています。この曲を聴いたのはこの一回。やがて忘れていきました(なんか最近このパターンが多いですね。実はこんな曲がたくさん!)。

最近になってふと思い出して、何の曲だったのか、どうしても知りたくなりました。例のごとく、断片的な記憶から歌詞に使われている英語を検索エンジンに入力してみました。キーワードはYou needed me、eternity、dignityです。そして、やった!それが今日ご紹介するアン・マレーのYou needed me(邦題「辛い別れ」。これに関しては後述します。)です。なんだタイトルだったんですね(笑)。

涙に濡れても、あなたは拭ってくれた
混乱していた心も、落ち着かせてくれた
魂を売ったのに、それを買い戻してくれた
私を立たせて、尊厳を回復してくれた

それはあなたが私のことを必要としてくれたから

あなたはひとりでしっかり立つ力をくれた
自分で世の中に立ち向かえるようにしてくれた
私のことを持ち上げて、人として尊敬してくれた
遥か遠くまで見通せるほどに高めてくれた

それはあなたが私のことを必要としてくれたから

私には信じられない
それがあなたのことだなんて
それが本当にそうだって
私こそあなたが必要だった

決してあなたとは離れたくないし
どうしてそんなことができるかしら
そんなにバカじゃない
やっと心から好きな人ができたのに

寒い時は、手を握っていてくれた
迷子になった時には、家に連れてきてくれた
私が絶望した時には、希望をくれた

そして私のうそを真実に変えてくれた
そして私のことを「友」とも呼んでくれた


まだまだ歌は続くのですが、聴いていると思わず涙が出てきますね。淡々としながらも、心を包むように安定した歌声のアン・マレー、もう最高です。

さて、この歌を聴くうちに邦題の「辛い別れ」というのが正しいのかどうか、わからなくなってきました。たしかに、歌詞には過去形が多く「別れ」とも考えられそうなのですが、途中でI'll never leaveという強い意志を示した歌詞がありますし、その直後にはI'd be a foolと仮定法が用いられています。僕には、どう考えても別れには思えないのです。あなたが私を必要としてくれたからこそ、私は一人の人間として自信が持てたし、人間としての尊厳を回復したという愛の賛歌だと思うのですが・・・みなさん、どう思われますか?

YouTubeの動画はこちらです



さて、またまた恒例の英語解釈シリーズです(笑)
[PR]
by shigepianoman2 | 2008-07-13 19:01 | Pops