Shige's Photo Diaryに登場する曲を中心に音楽についての四方山話を綴ります


by shigepianoman2

タグ:R&B/Soul ( 12 ) タグの人気記事

You Are Not Alone

ユー・アー・ナット・アローン

マイケル・ジャクソン / エピックレコードジャパン



最近マイケル・ジャクソンの追悼番組・記事が多いですね。それだけ世界に影響を及ぼしたということでしょうか。そんな追悼番組の中でこの曲をふと耳にしました。あれ、この曲ってマイケルのだったんだ。お恥ずかしながら、かつてこちらの記事で書いたのですが、僕はKim Watersの曲だとばかり思っていました。

しかし、曲の感じがマイケルらしくないなあ・・・そこで調べてみると、やはりそうでした。R. Kellyの作った歌なんですね。1994年にリリースされたこの曲は大ヒットし、史上初のビルボードHot100における初登場1位を記録しました。

以下Wikipediaより
「 The R&B ballad was written by R. Kelly in response to difficult times in his personal life. He then forwarded a bare demo tape to Jackson, who liked the song and decided to co-produce it with Kelly. 」

なるほど、R. Kellyが人生の辛い時に作曲した曲のデモをマイケルに送って、それをマイケルが気に入ったことから一緒にプロデュースしたということだったんですね。Kim Watersのバージョンでは、サビのところだけ歌が入っていたので、僕はこの曲はとってもロマンティックな歌だと思っていました。

また一日が過ぎ去ったけど僕はまだひとりさ
どうしてこんなことになってしまったんだろう
君がもうここにいないなんて

こんな歌詞で始まるこの曲は、実は哀しい歌だったんですね。でも不思議に勇気付けられるのはどうしてでしょうか。


君はひとりじゃない
僕はここにいるよ
たとえ離れていても
君はずっと僕の心の中にいる


なんかマイケルの死とも重なって、しんみりしてしまいますね。この曲がさらに好きになってしまいました。歌詞はとってもわかりやすいので、今日は和訳の解説はしません。どうか、そのまんま歌の内容を感じ取ってください。

マイケルのバージョンはYouTubeでは埋め込み不可になっていましたので、こちらのリンクをクリックしてください。

You Are Not Alone

Kim Watersのバージョンはこちら。歌詞付きです。


[PR]
by shigepianoman2 | 2009-07-09 22:53 | R&B/Soul

In memory of "King of Pop"

2009年6月25日、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が亡くなりました。僕は彼の大ファンというわけではありませんが、彼の死の報に接した時にはやはり愕然としました。彼の絶頂期をリアル・タイムで経験しており、人生のいろんな場面で彼の曲が流れていたからです。

彼は20世紀で最も成功したミュージシャンといえるでしょう。もちろん、ただ売れたというだけではありません。ThrillerなどのPVはミュージックビデオの概念さえも塗り替え、後の音楽シーンに大きな影響を与えました。また数々のゴシップ的な話題で常に世間の注目を集める存在でもありました。

彼のBiographyなどに関しては各所に掲載され、またテレビなどでも放送されていますから、ここではあえて書きません。この記事では、僕にとってのマイケル・ジャクソン、僕が一番好きだった頃のマイケル・ジャクソンの曲をYouTubeでご紹介することにします。

それって、Jackson 5時代のABCやI'll be there?それともやはりThrillerあたり?いやいや、違うんです。僕にとってのマイケルはアルバム「Off the Wall」なんですよ。

YouTubeの動画です。残念ながら埋め込み無効となっていますので、それぞれのリンクをクリックしてください。

・Rock With You
・Girlfriend←埋め込み可ですが静止画だったのでリンクのみにしておきます。


She's Out Of My Lifeは埋め込み可能だったので、アップしておきます。



おまけ。「Off The Wall」ではありませんが、Say, Say, Sayです



みなさんにとってのマイケルは?よろしかったらコメントください。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-07-02 23:30 | R&B/Soul

You are the sunshine of my life

Talking Book

Stevie Wonder / Uptown/Universal



スティービー・ワンダーは何度か登場していますが、今日はこの曲、You are the sunshine of my lifeをご紹介しましょう。何ともストレートなラブソング。聞いているだけで明るい気分になってしまいます。こんなに純粋な心で純粋な気持ちを伝えられたらいいですね。なかなか、日本語では難しいです(苦笑)。この曲は1972年にリリースされたアルバム、「Talking Book」に収録されています。You are the sunshine of my lifeはSuperstitionとともに全米No.1を獲得しています。


君は僕の太陽だから
僕はいつも君の傍にいる
君はいちばん大切な人だから
ずっと僕の心の中にいるよ

もう百万年も君を愛しているのに
まるで恋が今から始まるようだね
この恋が終わるなんて考えたら
涙で溺れてしまうよ

君は僕が寂しかったって知ってたんだね
そんな僕を救ってくれたんだから
もう天にも昇る気分さ
どうしてこんなにも愛してくれるんだい


いやあ、もうお腹一杯(笑)。

YouTubeの音源です




ライブ映像です



さて歌詞の訳ですが・・・
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-10 22:26 | R&B/Soul

Send One Your Love

シークレット・ライフ

スティーヴィー・ワンダー / ユニバーサル インターナショナル



久し振りのアップです。こちらのブログは文章が多いので、どうも忙しくなるとさぼってしまいます。

さて・・・
いつものように家で原稿書きなどの仕事をしながらiPodでシャッフルしながら曲を聴いていました。時々、お気に入りのところで手がとまってしまいます。この時もある曲のところでそうなりました。それがこのSend One Your Loveです。Stevie Wonderの数ある名曲の中でも特に好きな曲です。シンプルで親しみやすいメロディーと恥ずかしいくらいのストレートな歌詞が魅力な歌です。収録アルバムの「Journey Through the Secret Life of Plants」はセールス的には成功とはいえませんでしたが、このような名曲が含まれていることからもすぐれたアルバムだといえます。


彼女に愛を伝えようよ
1ダースのバラといっしょに
心から愛してるって
必ず彼女にわかってもらえるようにね

彼に愛しているって言おうよ
気持ちを抑えてはいけない
素直に気持ちを表すのに
理屈などいらないよ


ちょっと意訳ですが、シンプルな歌詞を損なわないようにしてみました。愛に対して斜に構えて冷めたふりをしている人々に、「何してるんだ。心の赴くままに愛を語ろう。情熱を抑える必要はないよ。」と優しく語りかけます。美しいメロディとシンプルなメロディ、そして何よりも甘いスティービーの声が、聴いている者を心地よく包みます。

みなさんはスティービーだと何が好きですか。僕はその他にOverjoyed(過去記事はこちら)、Isn't She Lovely、You Are the Sushine of My Life、Sir Duke、Ribbon In The Skyなど好きです。記事にしようかな・・・なんとか時間を確保しないと。

Send One Your Loveのクリップです。



Art Porterのカバーです。かっこいいのでついでに。


[PR]
by shigepianoman2 | 2009-03-22 17:09 | R&B/Soul

Beat it vs Eat it

スリラー
マイケル・ジャクソン / エピックレコードジャパン



今日は仕事で疲れました。ここのところ忙しくて・・・というわけで、今日はゆる~い話題を。

今夜はビート・イット (Beat It)は、1983年のマイケル・ジャクソンの曲。アメリカのビルボード誌で1位を獲得、ビルボード誌1983年年間チャートでも7位を獲得しました。アルバム「スリラー」に収録されています。

正直、僕はマイケル・ジャクソンが特別に好きというわけではないのですが、このあたりの曲はどれも大ヒットしたので、よく憶えています。PVでのマイケル・ジャクソンの踊りもよく話題になりましたね。当時はかっこいいと思っていたのですが、今見るとすこし古めかしい感じもします。

Beat itにはエディ・ヴァン・ヘイレンが参加しています。一世を風靡したライトハンド奏法、粘るアーミングとすさまじい速弾きはまさに彼のギターですね。実はこれが聴きたくてBeat it を聴いたりして(笑)。

さて、今日の話題はそれではなくて(えっ、そうなの?)、Beat itのパロディ曲のEat itとのPVの比較です。まあ見てください。当時も面白く思ったのですが、今見ても思わずにやりです。歌詞がまた面白い。でも今日は疲れているので訳はまたの機会に。↓にYouTubeのリンクを置いておきます。残念ながら、埋め込み無効でした。

・Beat it - Michael Jackson   ・Eat it - Weird Al Yankovic

ぜひお試しあれ。見れば見るほどコネタがいっぱい隠されていて、笑えます。しかし、この記事のジャンルR&B/Soulでいいのかな(笑)。
[PR]
by shigepianoman2 | 2008-08-04 21:55 | R&B/Soul

You Are Everything

Diana Ross and Marvin Gaye
Ross/Gaye / Universal



モータウンを代表する二人のビッグ・アーティスト、ダイアナ・ロスとマーヴィン・ゲイがデュエットしたのが今日ご紹介するYou Are Everythingです。オリジナルはトム・ベルとリンダ・クリードの代表作で、スタイリスティックスが歌い1972年に大ヒットしました。

当時、この二人の間には緊張した関係がありレコーディングにあたってもさまざまなトラブルが生じました。結果的には二人が別々に録音し、編集によりデュエットアルバムが完成したといいます。互いに背を向け合ったジャケットもそれを象徴するかのようです。そんななかでもYou Are Everythingはなんとかいい作品に仕上がったようですね。恋人二人の間の甘い雰囲気が漂います。You are everything and everything is you, 'cause you are everything and everything is youなんて、もう勝手にしてくれって感じですね(笑)。

今日、あなたと似た人に会ったの
歩き方がそっくりだったからてっきりあなただと思って
角を曲がる時にあなたの名前を呼んでしまったの
違うって気がついて恥ずかしかった

・・・やっぱり勝手にしてくれって(笑)。訳していてこちらが恥ずかしくなります。

しかし、不思議ですね。マーヴィンとダイアナのボーカルはどう考えても合わないような気がするのですが、どういうわけかこの曲ではそれが魅力的に聴こえるんですよ。

このジャケットですが、背中を合わせたところがまるでヤヌス神のようではないですか?というわけで無理やり年末ネタに持っていきますね(笑)。今年もSlightly out of Tuneにご訪問いただき、ありがとうございました。来年もよろしくお願いいたします。では、よいお年を!

YouTubeのクリップです


[PR]
by shigepianoman2 | 2007-12-31 08:48 | R&B/Soul

Killing Me Softly with His Song

Killing Me Softly
Roberta Flack / Warner Bros



先日、このブログで女性ボーカルシリーズをぜひやってほしい、などという話になりました。ようし、じゃあと思い立ってから何週間がたったか(笑)。やっとアップです。

女性ボーカルというと誰を・・・う~ん、僕の好きな女性ジャズボーカルはサラ・ヴォーン、キャロル・スローン、Dee Dee Bridgewaterあたり。そうそう、その時はダイアナ・ロスとかも話に出た。ダイアン・シュアやパティ・オースチンなんてのもいいな。ベット・ミドラーやカーラ・ボノフ、そうそうマライア・キャリーも忘れてはいけない。シェリル・クロウもあるし、シェリル・リンもあるし、ランディ・クロフォードにララ・ハサウェイ、ディオンヌ・ワーウィックにリタ・クーリッジにメリサ・マンチェスターに・・・ぜーぜー、ああきりがない(笑)。

というわけで(どういうわけ?)、今日はロバータ・フラックにしました(笑)。やっぱりこれでしょう、Killing Me Softly with His Song(やさしく歌って)。もしかしてネスカフェのコマーシャルでご存知の方が多いかもしれませんね。

ノーマン・ギンベルの作詞、チャールズ・フォックスの作曲になるこの曲、最初は女性シンガーのロリ・リーバーマンの歌でリリースされましたが、残念ながらヒットしませんでした。しかし、いい歌というのは結局は人に知られる運命にあるのでしょうか。この曲を気に入ったロバータが歌い、1973年にリリース後4週間で全米1位、5週連続のビルボード1位を記録しました。これにより、ロバータはグラミー賞の最優秀レコード、最優秀楽曲、最優秀女性ボーカルの3部門を受賞しました。

ロバータ・フラックはこの曲をさらりとクールに歌います。ゆったりと流れるような16ビートが心地よいですね。ロバータの歌はソウルファンには物足りないかもしれませんね。でもクラシックやオペラを専攻し、高度な音楽教育を受けた彼女の洗練された歌はポピュラーミュージックの王道ともいえるでしょう。

さて、この歌でよく話題になるのかKillingの意味。もちろん文字通りの「殺す」という意味ではありません。精神的にノックアウトされた、完全に魅了された、もうすっかりやられてしまった、などという意味です。男性シンガーが、まるで自分のためだけに歌っているように、そしてまるで自分の人生の苦悩や心の動きまでも知っているかのように歌っているように思えて、すっかり心を奪われてしまったという感じでしょうか。

さて、いつまでつづくかわかりませんが(笑)、ぜひこの人を!というのがあったらコメントください。

YouTubeのライブ映像です


[PR]
by shigepianoman2 | 2007-12-27 21:13 | R&B/Soul

We Wish You a Merry Christmas

We Wish You a Merry Christmas
TAKE 6 / Warner/Reprise



もうすぐクリスマスですので、クリスマスアルバムの特集にしましょう。

ところで、このブログでの音楽記事、どう書いているか、皆さんご存知ですか?もちろん知らないですよね~。iPodでそのアルバムを実際リピートで聴きながら実況中継のように(ビートルズのLOVE参照)書いています。今日は、体を揺らしながらタイピングしているので、横で妻が気持ち悪そうに見ています(笑)。

さてそのアルバムは? Take 6の「We Wish You a Merry Christmas」です。コーラスグループは数多くありますが、Take 6はその中でも最高のグループでしょう。一糸乱れぬ安定感のあるコーラス&リズム、厚いハーモニー、何よりもそのジャズテイスト(この辺は僕の好みってことでしょうけど)、もう鳥肌ものです。デビューアルバムでグラミー賞を獲得したというのもうなずけます。

このアルバムでのお気に入りはいろいろあるのですが、まずはLet It Snow、その気持ちいいスイング感に思わず体が動いてしまいます。途中から絶妙なタイミングでサックスが絡んでくるのが、もう快感!シンプルなピアノとサンプリングドラムの伴奏のみで歌われるThe Christmas Songも素晴らしいです。この曲に関しては・・・また後でね(笑)。What Child is Thisは・・・あれっ、これグリーン・スリーブスだよね。アコスティックギターが絡んで、これがまた鳥肌・・いかん鳥肌って言葉をたくさん使ってしまいそう。だって鳥肌でるんだから仕方ないよね(笑)。ゆったりと雰囲気たっぷりのSilver Bells、もともとは短いメロディの繰り返しですが、メインボーカルがだんだんとフェイクしていって最後まで飽きさません。Winter Wonderlandにくるともう勝手に体がスイングして手拍子してしまいます。手拍子するとタイプできないぞお~(爆)。この曲聴きながらだったら、知らない人とでも仲良くなれそうです。最後のJoy to The Worldは定番ですが、彼らはこれをきっちり・・・おお。途中から転調して、フェイクして・・・なんて音の重ね方だ・・・やっぱり鳥肌たってしまった(笑)。

ああ~やっぱりこのアルバムいいなあ。ぜひクリスマスには・・いやいや、クリスマスじゃなくても聴いてみてください。
[PR]
by shigepianoman2 | 2006-12-21 22:08 | Jazz

Lovin' You

Perfect Angel
Minnie Riperton / Import



Lovin’ Youは皆さんご存知でしょう。Minnie Ripertonの1974年の大ヒット曲です。日本でもいろんな方がカバーしていますね。このアルバムのプロデュースを手がけたのはあのStevie Wonder。Stevieは無名時代から彼女の才能に注目していました。残念なことに1976年に乳がんを発症、1979年には31歳の若さで亡くなってしまいます。


「一緒に年をとっていこうよ、そうすれば私たちこれからもずっと春の季節にいられる」。そう歌った5年後にこの世を去るとは、運命は時に過酷なものです。

でも・・・う~ん、このようなストレートなラブソング、どうも日本語に訳すと野暮ったい。ぜひ英語そのままで聴いて感じとってほしいです。
[PR]
by shigepianoman2 | 2006-09-10 22:27 | R&B/Soul

Without You

アワ・カインド・オブ・ソウル
ダリル・ホール&ジョン・オーツ / ビクターエンタテインメント



Without Youといえば70年代のナンバー。Nilsonが歌い大ヒットしました。今、iPodでリピートで聴きながらこの記事を書いています。時々遠くを見ながらね(笑)。

今夜のことは忘れない、去っていく君の顔も
物語の終わりなんてこんなものなんだろうか
君はいつも微笑んでいたけど、瞳は悲しげだった
そういつもそうだった

こんな歌詞で始まる悲しい別れの歌。サビの部分、「君なしではもう生きていけない」と切々と歌う声に感動した方も多いのではないでしょうか。

さて、ここで紹介するのはDaryl Hall & John Oatesのカバー。「アワ・カインド・オブ・ソウル」というアルバムに入っています。日本語でタイトルを記載したのは、このWithout Youが日本版のCDのみにボーナストラックとして収録されているからです。Hall & Oatesはこの名曲を淡々と、しかしソウルフルに歌い上げています。

そういえばこの二人、John Lennonの追悼コンサートではDon't Let Me Downをアコギで歌っていました。それがまたとってもクールなんです。他にもこのコンサートではElton John (Imagine)、U2 (Help!、しかもスローに)、Lenny Kravitz (Cold Turkey)、Michael Jackson (Come Together)などが歌ってましたね。CD、出てるのかなあ。誰かご存知ですか?
[PR]
by shigepianoman2 | 2006-09-07 20:47 | Pops