Shige's Photo Diaryに登場する曲を中心に音楽についての四方山話を綴ります


by shigepianoman2

歌の贈りもの

バリー・マニロウ / BMGビクター



こちらのブログは放置気味ですが、せっかくですから今年最後の記事ぐらいは少しだけ気合を入れて書きますね。今日ご紹介するのはバリー・マニロウのI write the songs、邦題は「歌の贈りもの」です。

バリー・マニロウはかつて記事にしました(こちらこちら)。この曲を書いたのはビーチ・ボーイズのメンバーとして有名なブルース・ジョンストンですが、バリー・マニロウは自分の歌であるかのように見事にこの歌の世界を自分のものにしています。大ヒットし、全米No.1を獲得しました。


私はずっと長い間生きてきた
最初の歌を作ったのは私だ
言葉とメロディを一緒にしたんだ
そう、私は「音楽」、歌を作りし者

世界中のみんなが歌う歌を
愛や特別なできごとの歌を
若い女の子が泣くような歌を
私は作るんだ

私はあなたの中、奥深くにいる
あなたの魂の中にいるんだ
あなたの目を通して世界を眺めると
たとえ私が年老いていたとしても
もう一度若返ることができるんだ


シンプルですが、なんとも壮大な歌詞ですね。なんたって私は「音楽」だってことですから(笑)。音楽というものの素晴らしさ、人の心と心をつなげていく素晴らしさを力強く歌っています。この曲を聴くとなぜか元気がでて、楽観的になれます。


バリー・マニロウのバージョンです。歌詞つき(笑)。




オリジナルのブルース・ジョンストンのバージョンです。ゆったりとしてます。




今年は新型インフルエンザの流行、景気の低迷、目を背けたくなるような事件など嫌なことがたくさんありました。日本全体に元気がなく、このままだめになっていくのではないかという悲観的な空気に包まれていました。人々は想像力を失い、心の余裕も失くしてしまったようにみえました。こんな時こそ歌を聴いて、前に向かう勇気を取り戻したいものです。

さて、今年も私のブログ、Slightly out of Tuneにお付き合いくださいまして、ありがとうございました。また、来年もよろしくお願いいたします。それではよいお年を。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-12-29 11:42 | Pops

We Don't Talk Anymore

The 50th Anniversary Album

Cliff Richard / EMD Int'l



「さていつものようにiPodで音楽を聴いていると」・・・なんて始まる記事が多いですよね。僕のiPodには一体何曲入っているでしょう?自分でも憶えていないのでチェックしてみると、4725曲でした。ジャズ、ロック、ポップス、R&Bだけでなく、クラシックなども入っています。こんなに入れといて全部聴いているんだろうか(笑)。

今日はクリフ・リチャードをご紹介しましょう。「イギリスのプレスリー」とも言われた人気ヴォーカリストです。1940年生まれということはジョン・レノンと同じ年ですね。ビートルズ時代が到来する前の1950年代末から60年代初めにかけてイギリスのポップミュージックシーンを席巻していました。70年代は少し活動が落ち着いていましたが、79年にWe Don't Talk Anymore(恋はこれっきり)が大ヒット、再び返り咲きました。当時、よくラジオで流れてましたね。イントロのシンセとペダルベースが印象的です。たしか高校の頃ですが、僕もこの曲は大好きでした。深夜放送など聴きながらかかってくるのを待っていたものです。しかし、この曲のリリースが79年ってことは彼はもう40前。いわゆるアラフォー(笑)。それなのにこの甘い声とエネルギーはなんでしょうね。彼はその後も活躍を続け、95年には英国女王からナイトの称号を送られています。Wikipediaに「クリフ・リチャード栄光の50年」とありましたが、素晴らしいことです。


人生は楽しいと思っていたのに
僕らの仲は完璧と思っていたのに
信じられないよ、君は投げ出してしまうのかい

なんて歌詞で始まる、恋が冷めてしまった男女の歌です。実は↓の「歌詞を訳すということは・・・2」の記事に出てくるのはこの歌の一部です。

Well it seems a long time ago you were the lonely one
Now it comes to letting go you are the only one
「君がひとりだったのは、もうずっと昔のことのようだね。君が去る今となっては、僕にとってかけがえのない人だよ」

サビの部分は・・・
おかしいよね、僕たちは話もしなくなった
おかしいよね、どうしてそうなったんだろう
それなのに眠れるし、羊を数えることもない

YouTubeの動画です。懐かしいなあ・・・ほんと懐かしい。ホットミルクに蜂蜜とナツメグ入れてっと・・・



さて、またまた恒例の英語解釈です。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-07-11 22:27 | Rock

Juice/Quiet Lies

Juice Newton / Collectables



時々アップが滞るのはなぜかと考えてみると・・・やはり一記事一記事に力が入っているからでしょうか。結構長い文章を書いたり、歌詞を訳したりなんてしてますから、余裕がなくなるとなかなか記事を書くに至らないんでしょうね。そこで、これからは軽めのネタもアップしていこうかと思います。

さて、今日はJuice NewtonのLove's Been A Little Bit Hard On Meです。聞いていただけるとわかりますが、歌詞の半分はLove's Been A Little Bit Hard On Me~♪なので、まあ訳はいいでしょう。「恋では結構つらい思いをしたのよ」という意味でしょうか。たわいもない内容のラブソングです。学生の頃だったか、ラジオでよく流れてました。ホンダのCMでも使われてましたね。最近iTune Storeで再発見、思わずダウンロードしてました(笑)。

ご紹介したいのはPV。なんか懐かしい雰囲気です。この頃のプロモってこんな感じでした。しかし、歌手本人がここまでやるなんて・・・なんか笑えます。

YouTubeのクリップですが、埋め込み不可だったので、リンクだけ置いておきます。クリックしてください。

Love's Been A Little Bit Hard On Me

PS 途中のギターソロの感じ懐かしいですね。この頃の日本のアイドルの歌謡曲ではこんな感じのギターがよく使われていました。アメリカのパクリが多かったですね。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-07-04 21:42 | Pops

In memory of "King of Pop"

2009年6月25日、マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が亡くなりました。僕は彼の大ファンというわけではありませんが、彼の死の報に接した時にはやはり愕然としました。彼の絶頂期をリアル・タイムで経験しており、人生のいろんな場面で彼の曲が流れていたからです。

彼は20世紀で最も成功したミュージシャンといえるでしょう。もちろん、ただ売れたというだけではありません。ThrillerなどのPVはミュージックビデオの概念さえも塗り替え、後の音楽シーンに大きな影響を与えました。また数々のゴシップ的な話題で常に世間の注目を集める存在でもありました。

彼のBiographyなどに関しては各所に掲載され、またテレビなどでも放送されていますから、ここではあえて書きません。この記事では、僕にとってのマイケル・ジャクソン、僕が一番好きだった頃のマイケル・ジャクソンの曲をYouTubeでご紹介することにします。

それって、Jackson 5時代のABCやI'll be there?それともやはりThrillerあたり?いやいや、違うんです。僕にとってのマイケルはアルバム「Off the Wall」なんですよ。

YouTubeの動画です。残念ながら埋め込み無効となっていますので、それぞれのリンクをクリックしてください。

・Rock With You
・Girlfriend←埋め込み可ですが静止画だったのでリンクのみにしておきます。


She's Out Of My Lifeは埋め込み可能だったので、アップしておきます。



おまけ。「Off The Wall」ではありませんが、Say, Say, Sayです



みなさんにとってのマイケルは?よろしかったらコメントください。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-07-02 23:30 | R&B/Soul

Him

グレイテスト・ヒッツ

ルパート・ホルムズ / ユニバーサル インターナショナル



ここのところ純粋な愛の歌が多かったので、今日は少し趣を変えて三角関係の曲にしましょう(笑)。ルパート・ホルムズ(Rupert Holmes)のHimです。彼の最高傑作とされる「Patners in Crime」に収録され、全米6位のヒットを記録しています。全米No.1ヒットナンバー、Escapeもこのアルバムに収録されています。ルパート・ホルムズは70年代のAORシーンに一時代を築いただけでなく、作曲家・プロデューサーとしても活躍し、バーバラ・ストライザンドなどに多くの曲を提供しています。amazonに「Partners in Crime」がなかったので、この記事では代わりにベスト盤を掲載しておきますね。


窓辺に煙草のパッケージが
でもそれは僕のじゃない
時々女性ってのは忘れてしまう

彼女は隠すのを忘れたんだ
誰かわかってるよ
彼女はただの友達だっていうだろうね
何言ってるんだ、わかってるよ

彼女は彼をどうするつもりなんだろう
彼と別れるか
それとも僕と別れるか
代償は払うべきさ
彼か僕かどちらかだ


純粋な愛も現実、でもこんな愛も現実・・・ですね。

YouTubeの映像をアップしておきます。



さていつものように和訳の解説です。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-29 22:02 | Pops

Mandy

歌の贈りもの~ベスト・オブ・バリー・マニロウ

バリー・マニロウ / BMG JAPAN



中学、高校の頃はよくラジオを聴いてました。その頃は洋楽ヒット曲のトップ10を紹介するなんて番組をよくやってました。そんな番組でもよく登場していたのが、バリー・マニロウ(Barry Manilow)でした。バリー・マニロウはシナトラを継ぐとも言われたアメリカのポピュラー音楽の歌手。タキシードを着て、手を大きく広げて歌うなんていう感じのアメリカンエンターテイメントそのもので、中学生、高校生が聴くタイプのい音楽ではないのですが、そんなアメリカンな明るさが好きでこっそり聞いてました(笑)。みなさんもコパカバーナなんて憶えていらっしゃるのではありませんか。彼はエンターテーナーというよりは、総合音楽家ともいうべき人で、ジュリアード音楽院卒業でピアノも弾き、プロデュースもするという才能にあふれた人です。ベット・ミドラー、ディオンヌ・ワーウィック、ローズマリー・クルーニーなどのアルバムをプロデュースしたとか、ミュージカルや映画のために曲を書いたとか、多彩な音楽活動を行っています。

Wikipediaによると、「2007年4月現在、全世界で通算7,500万枚以上のセールスを記録。1978年には5枚のアルバムがベストセラーとなった。この記録はフランク・シナトラとジョニー・マティスの記録に匹敵する。シングルがビルボードトップ100にランクインし、アルバムの売り上げが200万枚を記録し、ラジオ&レコーズのナンバー1アダルト・コンテンポラリー・アーティストと呼ばれ、3年連続でアメリカン・ミュージック・アウォーズのFavoritePop/Rock Male Artistを受賞した。」などという輝かしい経歴の持ち主でもあります。

さて、今日ご紹介するのは彼の歌の中でも僕のいちばん好きな曲、Mandyです。彼の初めての大ヒット曲で全米No.1を獲得しました。↑のアルバムはベスト版です。


僕は一生忘れない
雨に凍えるような日々を

窓越しに人の影や顔をながめ
夜には目を涙に濡らし
そして夜が朝になり、次の日がやってくる
幸せそうな人々が通り過ぎて
そんな彼らの目をみると
僕は思い出す

どうして気付かなかったんだろう
君がいたから幸せだったのに

君は無償の愛を僕にくれた
でも僕は君を去らせてしまった
君はキスをして震える僕を癒してくれたのに
マンディ、もどってきてくれよ


最初の数節は情景が浮かんでくるようですね。イメージとしてはグレイ。灰色のむなしい日々が淡々と綴られます。

YouTubeの映像をアップしておきます。なんと歌詞付きです(笑)。



そうそう、彼の記事はこちらにもアップしてました(Can't smile without you)。そちらもあわせてどうぞ。

恒例の和訳解説です。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-25 21:47 | Pops

Definitive Collection

Eric Carmen / Arista



今日の記事は199件目、200記事まであとひとつです。金曜~日曜あたりにアップとなりそうです(うまくいけば・・・)。

今日はエリック・カルメンの最大のヒット曲、All by myselfをご紹介します。

エリック・カルメンは70年代~80年代に活躍したアメリカのロック・ボーカリストです。その甘いマスクと歌声に魅了された方も多いかと思います。幼少の頃から音楽に親しみ、3歳になった時すでにクリーブランド研究所に登録されたというから驚きです。小学生の頃にはもう自分で曲を書いていました。そんな彼がビートルズやストーンズに影響され、ロックに目覚めバンドを結成したのが、高校生の時でした。大学に入るとラズベリーズを結成、ボーカリストとしてメジャーデビューを果たしました。ラズベリーズは1974年には解散、エリックはソロボーカリストとして活躍しはじめ、Never gonna fallin' love again、Change of Heart、That's rocck'n roll、Boats against the currentなどのヒットをとばします。彼は作曲家としても才能を発揮しました。映画「フット・ルース」にAlmost Paradise、「ダーティダンシング」にHungry eyes、Make me lose controlなどを提供しています。

All by myselfはエリックのソロ転向後の第1弾シングルとなったバラードで、彼の代表作です。1975年にシングルカットされ、1976年に全米最高位2位を記録しました。エリック自身が、自分の作品の中で最もいいメロディーを持った曲のひとつとして選んでいるほど美しい旋律の曲です。セリーヌ・ディオンなどもカバーしていますね。曲の途中でラフマニノフのピアノ協奏曲第2番第2楽章の一部が挿入されており、7分以上におよぶ大作となっています。歌詞はいたってシンプル。その分、余計に心に訴えるものがあります。


若い頃は誰も必要じゃなかった
人と愛し合うこともただの遊びだった
そんな日々は終わった

一人でいると
友達のことを思い出す
でも電話しても
誰もでないんだ

ひとりでいたくない
さみしいのはいやだ
孤独でいたくない
もうさみしいのはいやだ

心は穏やかではいられず
時々不安にかられる
愛はもはや遠くにかすんでいるけど
まだ僕を救ってくれるだろうか


歌の内容はちょっと暗いですが、でもエリック・カルメンってすっごくもてたんじゃなかったかな。かつて、インタビューで趣味はと聞かれて、「女の子」って答えているし(笑)。

YouTubeの映像です。



さて、恒例の和訳解説ですが・・・
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-04 09:10 | Rock

Crazy Love

Legend

Poco / MCA



70年代、80年代のポップス&ロックを続けましょう。

僕が高校のころだったかな。ある時、FMを聞いていると、さわやかなコーラスがとても印象的な曲が流れてきました。美しいけど物悲しいそのメロディが気に入ったのですが、その頃はすぐにレコードが買えるような状況でもなかったし、そのうち忘れてしまいました。ただグループ名と曲名だけは憶えていました。数年前にiTune Storeができたころ、ポップスのジャンルの曲を手当たりしだい試聴していると・・・なんとこの曲があるではありませんか!早速購入、ダウンロードしました。

そんなわけで今日はPOCOです。POCOは1970年代から現在にいたるまで活躍しているアメリカのカントリーロックグループ。その代表作がこのCrazy Loveです。この曲はビルボードのAdult Contemporary chartで1位を獲得するヒットとなりました。


今日、僕は彼女と別れるよ
君はそのまま待っていてくれよ
これからは僕は色あせた記憶には
しばられないつもりだ

彼女とのことは乗り越えたから
いつかは傷ついた心も癒えるだろう
でも彼女の名を聞くと
やっぱり涙してしまうだろうね

いつものことさ、僕のバカな恋なんて
僕の心を覆いつくして
それを解き放すこともできないんだ

ああ、なんてバカな恋なんだろうね

YouTubeの映像です。最近のライブのようですが、さわやかな声は変わりませんね。しんみり聴いてしまいます。ぜひHQで聴いてください。再生ボタンをクリックしたあとで、HQの文字のところをクリックすると赤に変わります。HQのボタンがでないことがあるようです。画面をクリックするか、右クリックでwatch on YouTubeを選ぶかしてYouTubeのページ内で見るといいようです。その後、表示されているHQボタンをクリックすると高画質高音質となります。


[PR]
by shigepianoman2 | 2009-05-30 00:44 | Rock

Honesty

ニューヨーク52番街

ビリー・ジョエル / Sony Music Direct



さて↓の和訳の記事、最後の一曲をアップしましょう。ビリー・ジョエルのHonestyです。せっかくですから、全部訳してみましょう。


優しさが欲しければ
見つけられるさ
生きるための愛もね

でも誠実さというと
まるで目が見えなくなったようだよ
いったいどこにあるんだろう

「誠実」なんてむなしい言葉さ
みんなうそばかり
「誠実」なんてほとんど耳にしないよ
君だけはそうあってほしいのに

同情してくれる人はいるさ
すべて打ちあければね
でも愛想だけのきれいごとなんていらないよ
僕が欲しいのは信じられる人だけ

「誠実」なんてむなしい言葉さ
みんなうそばかり
「誠実」なんてほとんど耳にしないよ
君だけはそうあってほしいのに

恋人だっているさ
友達もね
つかの間の安全だって得られるよ

みんな約束だけは口にするし
それでちょっとは気が楽になるさ
そう、わかってるさ、わかってるけど

僕が深く考えこんでいても
気にしないでくれ
何も求めはしないよ

でも誠実さが欲しいときは
どうすればいいのか教えてくれよ
君だけが頼りなんだ

「誠実」なんてむなしい言葉さ
みんなうそばかり
「誠実」なんてほとんど耳にしないよ
君だけはそうあってほしいのに


YouTubeのライブ映像をアップしておきますね。HQデフォルトにしてありますが、ネットの速度によっては適宜変えてください。



さて、歌詞の和訳の解説ですが・・・こちらをクリックしてください
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-05-28 19:42 | Pops

I Keep Forgettin'


If That's What It Takes

Michael McDonald / Warner Bros.



歌詞和訳の記事の例に挙げた曲を今日もアップしましょう。Michael McDonaldのI Keep Forgettin'です。Michael McDonaldはドゥービー・ブラザーズのメンバー。1975年にトム・ジョンストンの代役として加入しました。彼の加入と共にドゥービーはロックバンドから都会的なAORバンドに方向性が変わっていきました。この曲はドゥービーの解散後の初ソロアルバム(1982年)に収録されており、ソロとしての初ヒットとなりました。「君といつものように顔をあわせると、もう愛が終わってしまってるなんてこと、ふと忘れてしまうよ。」、そんな悲しい歌です。

YouTubeのクリップをアップしておきますね。2003年のライブです。しかし、彼の声は変わりませんね。男の僕が言うのも変ですが、セクシーです(笑)。



そういえば、このアルバム買ったなあ・・・大学生の頃だっけ・・・さて、↓の記事にはもう一曲例示してありますね。この曲はゆっくり記事にします。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-05-23 23:10 | Pops