Shige's Photo Diaryに登場する曲を中心に音楽についての四方山話を綴ります


by shigepianoman2

'Round Midnight

ラウンド・ミッドナイト(紙ジャケット仕様)

ハンク・ジョーンズ / ヴィレッジ・レコード



もう1月21日になってしまいましたが、やっとアップです。遅ればせながら、あけましておめでとうございます。今年Slightly out of Tuneをよろしくお願いいたします。

先日(もうかなり前)、いつものバーで飲んでいると、マスターが「これ聴いてみてください」と、一枚のアルバムを取り出しました。一曲目は僕の好きなMy Romance。一音目が鳴った瞬間からすっと引き込まれます。でも、無理やり引っ張られる感じはありません。なんともいえない枯れた味わいで、お酒とぶつかることもなく、飲む手をとめることもなく、自然に音が流れていきます。そのアルバムが今日ご紹介するHank Jonesの’Round Midnightです。

Hank Jonesはグレート・ジャズ・トリオでいくつか聴いたことがありましたが、最近はあまり聴いてませんでした。いつのアルバムかなとジャケットを見ていると・・・えっ、2004年。ってことは86歳の時の録音なんですね。そういえば最近、去年あたりだったかな、来日していますから、90歳を超えてなお現役。すばらしいことですね。

CDはスタンダード集となっていますが、1000のスタンダードナンバーを演奏でき、多くのジャズミュージシャンと何千曲も共演してきた職人芸は健在で、さすがに指のもつれを感じるところもないわけではないですが、実に巧みに音を操ります。決して饒舌になりすぎず、淡々とした演奏を聴かせてくれます。それなりに集中して演奏しているのでしょうが、聴いている者に緊張を与えません。彼の演奏を聴いていると、なぜ彼がこんな歳になっても演奏が続けられるのか、わかるような気がします。

ぜひ聴いてみてください。お茶を飲みながらでも、酒をのみながらでもいいでしょう。さらりと聞き流しながら、ふと気がつくとじっと耳を傾けている自分に気付くにちがいありません。

YouTubeから、1994年(76歳)のWillow weep for meです。

[PR]
by shigepianoman2 | 2010-01-21 19:19 | Jazz
最近少し忙しくてアップが滞ってます。申し訳ありません。来週には少し開放されるかな・・・

さて、こんなクリップを見つけたのでアップしておきます。ミシェル・ペトルチアーニ(Michel Petrucciani)は先日アップしましたね。彼とスティーブ・ガッド、アンソニー・ジャクソンというすごいメンバーのライブです。このメンバーでは東京でもライブを行っており、CDやDVDがでていますので、また記事にしますね。



いやあ、すごいですね。ぜひHQで見てください。画面をクリックして別タブ(ウインドウ)で開いてHQをクリックすると見られます。まず、彼の左手の動きにびっくりです。そして力強いプレイに圧倒されますね。ガッドもアンソニー・ジャクソンもそれなりに個性的な人たちですが、ペトルチアーニ、全然負けてません。まさに、自由奔放、縦横無尽。この小さい体からこのパワー、脱帽です。ドライブ感とスイング感で勝手に体が動いてしまいます。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-23 20:37 | Jazz

Strokin'

ストローキン(K2HD/紙ジャケット仕様)

リチャード・ティー / ビクターエンタテインメント



200件目の記事を書いていて、Michel Petruccianiの映像をYouTubeで探している時でした。Petrucciani、Steve Gadd、Anthony JacksonのLive in TokyoでのTake the A trainを見つけて興奮して見ていると、関連映像のところに「Richard Tee & Steve Gadd - Take The A Train」なんてのを見つけました。まさか、でも、あれだよね。ピンときた僕は、すぐさまクリック。やっぱりそうだ!というわけで、今日はRichard TeeのStrokin'をご紹介しましょう。あっ、そうそう、このLive in Tokyoについてもいずれ記事にしますね。

Richard Teeといえば1970年代後半に活躍した伝説のグループStuffの中心メンバーであり、独特のストロークとラグタイムの要素を取り入れたファンキーなプレイが特徴のフュージョンピアニストです。すぐに彼のものだとわかる彼の個性的な演奏は1970~80年の多くのフュージョンアルバムで聴かれました。ナベサダとも何度も共演しています。彼の陽気な演奏は、聴く者が疲れてしまうような「きめ」やテクニック偏重の当時のフュージョンシーン(それはそれでかっこよくてよかったですが)の中で異彩を放ち、聴く者を楽しく、ほっとさせたものでした。でもやっぱりテクニックは超絶。彼の左手なんてコピーできません(笑)。

さて、このアルバム「Strokin'」は1979年にリリースされた彼の初リーダー作です。Bob Jamesの主宰するTappan Zeeレーベルからのリリースです。参加メンバーがまたすごい!Steve Gadd、Eric Gale、Chuck Rainey、Tom Scott、Michael Breckerと豪華メンバーが並びます。しかし、強力な参加メンバーであっても、アルバムは完全にリチャード色に染まっています。とにかくご機嫌な彼のサウンドは聴いていると思わず体が動いてしまいます。

最後のTake the A trainは別格として、僕の好きなのが、1曲目のStrokin'と5曲目のVirginia Sunday。Strokin'はミディアム・テンポののりのいい曲。強力なGaddのドラムにのせ、Richardのアコスティック・ピアノが自由奔放に踊ります。Ericの絶妙なカッティング、途中最高のタイミングでインするファンキーなTom Scottのテナー・サックスも最高です。Richardはさらっと弾いていますが(少なくともそうみえる)、こんなの弾けませんよ(笑)。Virginia Sundayはその透明感のあるローズが特徴。途中絡んでくるTom Scottのリリコンも絶妙です。

さあ、そして今日のメインはTake the A train。まあ聴いてみてくださいよ。
YouTubeの映像です。一つ目のは残念ながら途中で切れてしまいます。





ね、ね、すごいでしょ!この二人のコンビネーションのすごいこと。Richardの左手、どうしてこんな動きができるんだろう。でも不思議なことにこんなに弾きまくってても、聴いてて疲れません。やっぱり楽しくなってしまいます。そこが彼のピアノの最大の美点でしょうね。一時代を築いたRichard Teeですが、1993年、癌のため惜しくもこの世を去りました。合掌。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-13 21:22 | Jazz

Pianism

Pianism

Michel Petrucciani / Blue Note Records



2006年8月6日に本ブログを開設していらい早や2年と10ヶ月、途中記事の間隔が大きくあいてしまったことも何度かありますが、なんとか200記事目までこぎつけることができました。まずは、私のブログをご訪問いただいている皆様に深謝いたします。これからもよろしくお願いいたします。ついでに統計ですが、レポート数(ユニークアクセス)は累計でもう少しで20000アクセス、平均で一記事あたり約100アクセスです。最近のページビューは月あたり1000~1500となっています。メインのブログに比べると10分の1ですが、少々マニアックなブログにしては多くのみなさんにご訪問いただいており、うれしいかぎりです。

さて、200記事の区切りに何の記事をアップするか大いに迷ったのですが、やはりジャズにすることにしました。今日は奇跡のピアニストと称されるミシェル・ペトルチアーニのアルバム、「Pianism」をご紹介しましょう。ちょっと長いですがおつきあいください。最後まで読まれるとなぜこのアルバムを選んだのか、お分かりいただけると思います。

ミシェル・ペトルチアーニ(Michel Petrucciani)は、フランス出身のジャズ・ピアニストです。フランスでも最高のジャズ・ピアニストと評価されていました。36歳で急逝しましが、ショパンの墓のすぐ近くに埋葬されるほどに、人々から愛されていました。幼少の頃からクラシックピアノを学んでいましたが、彼の心にはデューク・エリントンのピアノ演奏が深く刻み込まれており、ジャズを志すようになりました。13歳で最初のコンサート、15歳でプロデビュー、18歳の時に初めてトリオを組みレコーディングをしました。さらに1982年(20歳)にはペトルチアーニはアメリカへ渡ります。アメリカではウェイン・ショーター、ディジー・ガレスピーなど様々なジャズミュージシャンと共演、フランス人としては初めて名門ジャズレーベルのブルーノート・レコードと契約にいたりました。彼はフランスの誇りでもあり、1994年にはレジョン・ドヌール勲章を受章、2002年6月にはパリ18区の広場が「ミシェル・ペトルチアーニ広場」と命名されました。

彼の演奏はビル・エヴァンスらの影響を受けてはいますが、そのスタイルは独自性が強く、リリカルでありながらエネルギッシュなプレイは人の心を強く揺さぶります。その音はしんの強いものでありながら、繊細なやさしさも内包しています。まずは彼のピアノを聴いてみてください。このアルバムには入っていないMy Romanceという曲で、短いクリップですが素晴らしいです。

YouTubeの映像です。



さあ、みなさんどうでしたでしょうか。多くの方が彼の演奏を初めて聴いた時、涙するといいます。僕もそのうちの一人、完全に彼の虜になりました。

ここまで、彼のもうひとつの特徴である先天性疾患のことはあえて書きませんでした。まずは彼の「音」を聴いて欲しかったからです。彼は骨形成不全症という先天性疾患を背負っていました。生まれつき骨が構造的に弱いため、身長は1mほどにしかのびず、骨の変形からくる感染症をはじめとした合併症により寿命が限られていました。彼の場合は20歳まで生きられればいいと言われていたようです。彼の骨は非常にもろかったので、演奏席まで他人に運んでもらわねばならなかったそうです。幸い腕は標準的なサイズであったので、鍵盤を弾くことはできました。とはいえ、体のハンディキャップは大きく、どうしてあのような素晴らしい演奏ができるのか、信じられないほどです。

繰り返しになりますが、彼は20歳までしか生きられないであろうと言われていました。でも音楽が彼の命を支えていたのでしょうか。実際には予想よりはるかに長く生きながらえることができました。しかしながら、人が人であるかぎり避けられない運命というものがあります。ツアー中にニューヨークで急性肺炎を起こし急逝しました。36歳の誕生日から10日足らずのことでした。

彼の音楽を聴くとどうして涙がでてくるんでしょうか。自らの不幸な運命を嘆き、自殺未遂を繰り返した時期もあったようですが、そんな彼の人生が悲惨だったからからでしょうか。いや、そうではありません。彼が先天性疾患を患った代わりに天から比類なき音楽の才能をもらったという事実があるからでしょうか。いえいえ、そんな陳腐なメロドラマでもありません。彼の音にはそんなことを微塵にも感じさせない生命の力があふれています。病気であることは、彼の多くある特徴・個性のひとつにすぎません。彼は短い人生ながらも人生を肯定的に受け入れ、自分の天賦の才を努力によって最大限に発揮させたのです。だからこそ、その音楽を聴く人が彼のエネルギーを感じとり、心を震わせるのです。

さて、アルバム「Pianism」の紹介です。1985年の作品であり、ブルーノート・レーベルでの初めてのリリースです。彼のアルバムのなかでは比較的地味ですが、僕はいちばん好きです。まず一曲目、Prayerが静かに始まります。最初の一音から、すっと心の中に入って彼の世界に包まれてしまいます。ピアノソロからドラムとベースが入ってインテンポに変わるところは、わずかに力強くなりますがまだ静かなまま、それなのにぐっときます。しばらくすると彼のピアノだけが素晴らしいのではないとわかってきます。ベースとドラムの絡み方が絶妙で彼のピアノをさらに高めているのです。静かに始まるアルバムとういのはあなどれません。そういえば、エバンスのワルツ・フォー・デビー、You must believe in springもそうですね。次のOur Tuneはご機嫌なサンバナンバー、バンドのメンバーの楽しそうな顔が目に浮かぶようです。テクニックは素晴らしく、彼に障害があること忘れてしまいます。まさにかっこいいという言葉がふさわしい4ビートナンバーのFace's Face、僕の好きなNight and Dayと続きます。Night and Dayのベースとドラムの入り方も最高。楽器が加わるのに、「静かに」 インしてきます。それに合わせるようにこれもまたすっと自然にタッチを抑え気味にするペトルチアーニも素晴らしいです。そう、呼吸と間と音の空間を読み取る力、バンドにもっとも大切なことでしょうね。そのあと、しっかりと刻まれたリズムの上で、自由奔放に指と手をすべらせ、腕を羽ばたかせるペトルチアーニ。9分半の時間があっという間に過ぎていきます。Here's that rainy dayは最初にほんの少しだけエバンスの影が横切りましたが、その後はまさにペトルチアーニ。彼独自の叙情がしっとりと音の中に内包されています。途中の息をのむような早弾きのところも、しっかりとしたテクニックのためか安心して身を任せられます。そして最後の曲のReginaがまたいい。渋いベースラインでかっこよく始まったと思うと、その後はまさにバンドが一体となって、緩急、強弱を自在に操ります。ふぅ~よかったあ・・・また聴こっと(笑)。

今日はミシェル・ペトルチアーニとの出会いを感謝して、記事を終わりたいと思います。ぜひとも彼のピアノを聴いてみてください。音楽の意味、いや人が生きるということの意味をふと考えたくなります。でもしばらくすると、音にすっかりと身を委ねてしまって何も考えなくなるんですよね(笑)。

さて、ほんとに長くなってしまいました。200記事目はいかがでしたでしょうか。これからもSlightly out of Tuneをよろしくお願いいたします。

もうひとつアップしておきましょう。Jim Hallとの共演で、Beautiful Loveです。


[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-05 17:19 | Jazz

My Dear Life

マイ・ディア・ライフ~音楽生活50周年記念ベスト
渡辺貞夫 / ユニバーサル ミュージック クラシック



疲れて自分が小さくなった時に、あるいは行き詰って出口が見えない時に聴きたい曲ってないですか?今日ご紹介するナベサダのMy Dear Lifeはそんな時に僕が聴く曲のひとつです。もともとはインスト曲ですが、歌詞を加えたボーカルバージョン(ブレンダ・ラッセルやランディ・クロフォードなどが歌ってます。)もあります。

「なんだ、そんなことどうでもいいじゃないか」。この曲を聴くと、いろんな悩み事が小さいものに思えてきます。そして目の前には果てしない世界が広がっていきます。急に目の前が開けるようなそんな錯覚をも覚えます。So come share with me my dear life・・・なっていわれると力がわいてきますね。彼の素直で明るいアルトサックスの音がまた心を軽やかにします。

My Dear Lifeの収録アルバムはいくつかあるのですが・・・今日はこれにしましょう。「マイ・ディア・ライフ~音楽生活50周年記念ベスト」です。音楽生活50周年、素晴らしいことですね。渡辺貞夫は日本が世界に誇るトップ・サックス奏者であり、世界規模の活躍をつづけてきました。このアルバムは大ヒットした78年の「カリフォルニア・シャワー」から現在に至るまでの足跡の集大成、聴き応えのあるアルバムとなっています。My Dear Lifeの新録音にはランディ・クロフォードがゲスト参加しています。しかし、もうナベサダって75歳?まだまだ元気に幅広く活動をしている姿を見ると、僕もがんばらなければと思います(笑)。

埋め込めるいい動画がYouTubeでは見つけられませんでした。ぜひ、アルバムで聴いてくださいm(__)m
[PR]
by shigepianoman2 | 2008-08-24 15:34 | Jazz
ああ、なんてことだ。どうして今まで気付かなかったんだろう!

Waltz for Debby
Autumn Leaves
My Romance
Theme from M.A.S.H.
My Foolish Heart

少しずつ、これまでの記事の画像を集めてみますね。
[PR]
by shigepianoman2 | 2008-03-16 21:19 | Video
d0083323_2244516.jpg


今日はひさびさにライブでした。クラ、バイブ、ピアノ、ベース、ドラムの5人構成。数十人程度の小さなパーティだったのでアットホームな雰囲気で演奏しました。最後の「サンタが街にやってくる」は大いに盛り上がりました。もう・・・気持ちいい!ライブのあとはいつもエンドルフィンでまくりです(笑)。
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-12-07 22:07 | Jazz

We Will Meet Again

d0083323_2355681.jpg


写真と音楽のシリーズ、よさそうですね。今後も時々アップしたいと思います。

We will meet againは以前の記事でも少し書きました。とてもシンプルで美しいメロディとワルツのリズムが印象的な曲です。特に「We must believe in spring」に収録されたWe will meet againは最高です。エバンスのリリカルなピアノがいつにもまして美しく、心に染み入ります。ゴメスのベースが自然にすぅーっと入ってくるところはいつ聴いてもぞくっとします。

この曲が「You must believe in spring」というタイトルのアルバムに入っていることは、エバンスが当時絶望的な状況にあったことを思うと、いろいろと考えさせます。mustというのはかなり強い言葉です。そんな状況でも春を信じるしかないんだという悲壮な叫びが聞こえてくるような気がします。人はやはりほんの少しでも希望、いや希望という言葉はきれいすぎますね。この世に少しでもひっかかるものがないと生きていけないのでしょうね。

ビル・エバンス追悼のためのトリビュートアルバムはいくつか出ていますが、マッコイ・タイナーはそのなかのひとつでこの曲を演奏しています。激しく、大波のように押し寄せる音、エバンスのそれとは対照的です。エバンスが心に秘めていた激情をみんなに知ってもらいたい・・・そんなマッコイの悲痛な願いがあるかのようです。

この写真はそんな人の生と死に対する思いをこめて撮影したものです。枯れた花や葉は死の象徴でもありますが、そこには来るべき春への希望もあります。この記事を書くことで、一年四ヶ月を経て、やっとこの写真の完成した姿をみなさんにお見せすることができましたね(笑)。

元記事はこちらです。
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-07-31 23:16 | Jazz

You Are Too Beautiful


d0083323_23253335.jpg


オフ会CDシリーズを続けます。You are too beautifulはリチャード・ロジャースが作曲、ロレンツ・ハートが作詞した曲です。1932年の映画、「Hallelujah, I'm a Bum」で使われました。

僕はこの映画、見てないのですが、そのあらすじは?調べてみました。自由気ままに暮らす浮浪者の主人公が、自殺を図って川に飛び込んだ女性を助けます。記憶喪失になったその女性は自分を一生懸命助けてくれたその男性を好きになります。しかし、記憶を失う前の恋人が彼女の前に現われ、女性の記憶もよみがえり、その恋人のもとに帰ります。浮浪者は一人さびしく元の気ままな暮らしに戻ります。

この写真は土岐英史(Sax)のYou are too beautifulをイメージして撮影したというよりはその場の雰囲気に彼のサックスがぴったりだったということだと思います。iPodで聴きながら撮影していました。ただ個人的には、サラ・ヴォーンの歌うYou are too beautifulが最高かなとも思います。「Crazy and mixed up」に収録されています。


君はこの世のものとも思えないぐらい美しい
僕は君の美しさの前ではただの愚か者さ
君を見つけたから、君は僕のものだなんて思い違いしてしまう

君は一人の男にはもったいないほどの美しさ
馬鹿な、ただ幸運だけの男にとっては特にそうさ
他にも君を見ている男はたくさんいるのに

愛は共有なんてできっこない
たとえそんなに好きではなくてもね
君は僕のキスを、他の人のと比べてる?

君に忠実だとしても
それは義務感からじゃない
君があまりに美しすぎるからさ


僕はこの歌を聴いた時、もっとロマンティックな曲だと思っていました。本当はこんな悲しいストーリーだったんですね。この映画、見てみたくなりました。それにしても、サラ・ボーン、やはり最高のジャズ・ボーカリストですね。中盤の盛り上がりは聴いている人の涙を誘い、そしてしっとりとエンディング。本物の音楽がここにあります。

元記事はこちらです。
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-07-26 23:31 | Jazz

Where or When

d0083323_21431535.jpg


Where or Whenはブロードウェイミュージカルの「Babes in Arms」のために、リチャード・ロジャースが作曲、ロレンツ・ハートが作詞した曲で、同名の映画の中でも歌われています。このミュージカルではあの名曲My Funny Valentineも歌われました。この写真はキャロル・スローンの歌をイメージしました。キャロルはこの曲をゆったりとしたボサノバのリズムに乗せてしっとりと歌います。男女の微妙な距離感が心をくすぐる素敵なラブソングです。

リチャード・ロジャースとロレンツ・ハートのコンビは他にも数多くの名曲を生み出しています。Isn't It Romantic、Love Me Tonight、It's Easy to Remember、 Spring is Here、Falling in Love with Love、I Didn't Know What Time it Was、Bewitched・・・みなさんもご存知の曲があるのでは?

さて、この写真は、いつ、そしてどこ?
正解はこちら、元記事にどうぞ。
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-07-22 21:48 | Jazz