Shige's Photo Diaryに登場する曲を中心に音楽についての四方山話を綴ります


by shigepianoman2

フォーク・クルセダーズ・アンド・ゼン

ザ・フォーク・クルセダーズ / EMIミュージック・ジャパン



ほんとにひさびさのアップです。

加藤和彦さんが亡くなりました。日本の音楽シーンに多大な影響を与えた偉大なミュージシャンの一人が、またこの世を去りました。彼は日本のポップスを造り上げたといっても過言ではないくらい、創造的で、ジャンルにとらわれない幅広い活動を行っていました。そんな彼がうつ病を患い、自らの命を絶ったことは衝撃以外の何でもありません。素晴らしい愛を歌った彼が自殺を選んだことの背景には、他人には窺い知れぬ苦悩があったに違いありません。とはいっても、治療により救える可能性のあった命です。残念でなりません。心からご冥福をお祈り申し上げます。

細かい解説は他に譲りましょう。僕にとっての加藤和彦さんは、フォークルの「あの素晴らしい愛をもう一度」、そしてミカバンの「黒船」です。

さわやかなアコスティックギターとストリングスで始まるフォーク・クルセダーズの「あの素晴らしい愛をもう一度」。その美しいメロディは、もちろんみなさんご存知だと思います。それにもまして心を打つのが、悲しい歌詞です。よくある恋人の別れの歌なんでしょうが、よどみなく流れるような明るく、でも物悲しい旋律にからみながら、心の奥深くまで染み入ってきます。たとえ涙が頬を伝っても、拭わずにそのままにしておきたいほど、自然に心を包みこんでくれます。

ミカバン…サディスティック・ミカ・バンドについてはかつて記事にしたことがありましたね(こちら)。ジャズや洋楽が中心のこのブログに初めて登場した日本のバンドでした。代表作の黒船はとにかくかっこいい!斬新なアイディアと音楽センス、そこに卓越した演奏テクニックとイギリスの最新のレコーディング技術が組み合わさって、日本のポップス&ロックの金字塔ともいうべき作品となりました。特にロンドンで評判が高く、逆輸入されて日本で人気がでたのも印象的でした。ロキシーミュージックの全英ツアーでオープニングアクトを務めて、むしろ主役を食ってしまったなんてこともありましたね。高橋幸宏はいったいどうやってあのドラム叩いているんだろうってバンド仲間の間でよく話題になりましたし、あちこちでにわかミカさんが「タイムマシンにお願い」を歌ってました(笑)。今聞いても、その新しさは失われていません。

みなさんにとっての加藤和彦さんとは何でしょうか。ぱっと思いついたキーワードをとりあえず並べてみると・・・帰って来たヨッパライ、イムジン河、家をつくるなら、結婚しようよ(プロデュース)、Boys and girls、バッチギ・・・今日はそれぞれの加藤和彦さんを思い出しながら、ご冥福を祈りましょう。それにしても、あの「ヨッパライ」のように「天国」から帰ってきてくれないかなあ…合掌

いろんなバージョンの「あの素晴らしい愛をもう一度」がありましたが、これを選びました。なんと加藤和彦、坂崎幸之助、泉谷しげる、山本潤子、尾崎亜美が出演しています。



2006バージョンの「タイムマシンにお願い」です。くぅ~~~、自然に体が動くぜ!


[PR]
by shigepianoman2 | 2009-10-19 20:18 | J-POP

紅白歌合戦2008

去年の話題ですが・・・昨年の紅白歌合戦はどうでしたか?

一時は紅白から遠ざかっていたのですが、仕事でアメリカに三年間いたころからまた見るようになりました。なぜかアメリカにいる時は不思議なほどに紅白がとても面白く感じられました。それ以来、必ずしも集中してみるというわけではないのですが、紅白をBGMに大晦日の夜を過ごすことが多くなりました。今年は息子が「ガキの使い」を見たがったので(笑)、全部というわけではありませんでしたが、かなりの部分を楽しむことができました。

いつもながら人選は疑問ですね。必ずしも今年ヒットした曲ばかりじゃなくてもいいとは思います。もともと紅白歌合戦は、たとえば帰省した孫とお祖父ちゃんが、「この歌は昔ヒットしてみんな歌ってたんだ」、「へぇ~そうなの」なんて話をしながら見る、そんな性質の番組だろうからです。でも、明らかにヒットもせず、歌もうまくない人が出てくるのはちょっとなんなのかなと思います。

しかし東京の自宅はアナログだというのに、実家は液晶にBS。画像もですが、音声もクリア。おかげで、今までより歌の上手下手、声の良し悪し、音程などが明確になったように思います。いやあ、うまい人はうまいですね。演歌の方は特にそう思います。正直演歌は好きじゃありませんし、情念の世界にはついていけないところがあります。「あなたの背中で山が燃える~」と言われても引いてしまうのですが、それでも石川さゆりさんは聴いていてさすがだと思いました(一回だけ声が裏返ったけど)。天童よしみさんも歌の内容やメロディは別にして、貫禄というか、安心して(?)聴けますね。もちろん音程などの技術だけが、歌の良さを決めるわけではありません。ボブ・ディラン(紅白には出てませんが・・・笑)なんて決してうまくないですが、心に響くものがあります。まずは、心が伝わってこないとだめでしょう。そして技術によってそれが裏付けられれば最高です。

ジェロさんはよかったですね。お母さんの涙を見てもらい泣きされた方も多かっただろうと思います。どうも最近涙腺が弱いので僕も感動しました。「崖の上のポニョ」はかわいかったし、絢香さん、徳永英明さん、アンジェラ・アキさん、森山直太朗さん、コブクロもよかったですね。SPEEDも懐かしかったし、 緊張しまくってる水谷豊も、それはそれで好感もてました(笑)。

ただ昔から好きだった布施明さんの声がサビで裏返ったり、音程をはずしたりなんてのは驚きました。16ビートの曲が中途半端な4ビートにアレンジされてたので、歌いにくかったのかな。それとも、やはりプレッシャーがあるのか、年を取ったのか・・・。EXILEやミスチルなどビデオを流しただけのものがいくつかあったのも驚きでした。今回は口ぱくも多かったですね。いきなり船にのっちゃったサブちゃんも口ぱくでしたが、雰囲気としてはサブちゃんはこうじゃなきゃって感じでそれはそれでよかったかと(爆)。Perfumeは音楽の性質上基本的に口パクのはずなんですが、一部生声だったのは逆に驚きました(笑)。

森進一さんの「おふくろさん」は迫力ありましたねえ。心がこもっていてすばらしかったけど、いやあ、疲れました(笑)。SMAPは今回ソロパートが多い曲だったので、キムタク以外は音痴全開モードでした。中居くんは最後の蛍の光でもすごい音程でした。途中でマイク切られてましたもんね。あそこまではずすと逆に痛快です(苦笑)。 SMAPはキャラ的にはそれでもいいんでしょうけど、紅組トリの和田アキ子さんが最初から最後まで音程はずしまくっていたのは聴いていて不快でした。その分、最後の氷川きよしさんの「きよしのズンドコ節」が意外によくて感動しました(笑)。あの若さで大トリ、さぞや緊張したでしょうね。最後に涙をこらえながら歌っている様子は気持ちが入っていてよかったです。やはり心が入ってこそ歌というものでしょう。

そんなわけで、やはり紅白は面白い番組かと。毎年、不思議な感動をいただいてます。さあ、ジャズでも聴こっと(笑)。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-01-06 22:18 | J-POP
あけましておめでとうございます。今年もSightly out of Tuneをよろしくお願いいたします。

さて、やはり元日にはこの話題を(笑)。

僕が子供の頃、紅白歌合戦はまだ国民的番組でした。視聴率なんて80%はあったんじゃないでしょうか。家族でこたつを囲みながら、採点したりして、本気で応援してたような気がします。でもいつからか紅白を見なくなりました。たぶんビートルズを聴き始めたころからでしょうか。

そんな僕がまた紅白を見始めたのはアメリカで仕事をしていた頃からでした。日本を遠く離れてアメリカで見る紅白って、どういうわけかとても面白いんですよ。何日か遅れで届くビデオテープを楽しみにしていましたね。日本に帰ってきてからも紅白を家族で見るようになりました。

今年も家族がそれぞれのことをしながら(僕はPCで写真を整理しながら)、紅白をつけっぱなしにしてましたが、時折いろんな場面でテレビに目がいきます。派手なステージ、派手な衣装、懐かしい歌、おやっという選曲・・・でも時々完全に手が止まって目が釘付けに、いや耳が釘付けになってしまいます。

たとえ自分の好みの音楽とは異なっていても、いいものには心が惹かれてしまいますね。今年、そんな風に自然に引き込まれた人は?
徳永英明、夏川りみ、アンジェラ・アキ、DREAMS COME TRUE、ポルノグラフィティ、そして今井美樹でした。あっ、最後の今井美紀は・・・えっと・・・PRIDE好きなんで(爆)。ゴスペラーズはもうちょいやってくれるかと思ったんだけど。布施明のイマジンは・・・ノーコメントです(笑)。

番外編です。SMAPも受けましたよ。中居君のパートでは家族が大爆笑でした。そうそう、やっぱり締めのサブちゃんもね。まつりだぜ~って、ああいうのがあんなに似合う人もいないよ。あれはあれでいいかなって思ってしまうし(爆)。

さて、みなさん、紅白はいかがでしたか?
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-01-01 21:44 | J-POP