Shige's Photo Diaryに登場する曲を中心に音楽についての四方山話を綴ります


by shigepianoman2

Strokin'

ストローキン(K2HD/紙ジャケット仕様)

リチャード・ティー / ビクターエンタテインメント



200件目の記事を書いていて、Michel Petruccianiの映像をYouTubeで探している時でした。Petrucciani、Steve Gadd、Anthony JacksonのLive in TokyoでのTake the A trainを見つけて興奮して見ていると、関連映像のところに「Richard Tee & Steve Gadd - Take The A Train」なんてのを見つけました。まさか、でも、あれだよね。ピンときた僕は、すぐさまクリック。やっぱりそうだ!というわけで、今日はRichard TeeのStrokin'をご紹介しましょう。あっ、そうそう、このLive in Tokyoについてもいずれ記事にしますね。

Richard Teeといえば1970年代後半に活躍した伝説のグループStuffの中心メンバーであり、独特のストロークとラグタイムの要素を取り入れたファンキーなプレイが特徴のフュージョンピアニストです。すぐに彼のものだとわかる彼の個性的な演奏は1970~80年の多くのフュージョンアルバムで聴かれました。ナベサダとも何度も共演しています。彼の陽気な演奏は、聴く者が疲れてしまうような「きめ」やテクニック偏重の当時のフュージョンシーン(それはそれでかっこよくてよかったですが)の中で異彩を放ち、聴く者を楽しく、ほっとさせたものでした。でもやっぱりテクニックは超絶。彼の左手なんてコピーできません(笑)。

さて、このアルバム「Strokin'」は1979年にリリースされた彼の初リーダー作です。Bob Jamesの主宰するTappan Zeeレーベルからのリリースです。参加メンバーがまたすごい!Steve Gadd、Eric Gale、Chuck Rainey、Tom Scott、Michael Breckerと豪華メンバーが並びます。しかし、強力な参加メンバーであっても、アルバムは完全にリチャード色に染まっています。とにかくご機嫌な彼のサウンドは聴いていると思わず体が動いてしまいます。

最後のTake the A trainは別格として、僕の好きなのが、1曲目のStrokin'と5曲目のVirginia Sunday。Strokin'はミディアム・テンポののりのいい曲。強力なGaddのドラムにのせ、Richardのアコスティック・ピアノが自由奔放に踊ります。Ericの絶妙なカッティング、途中最高のタイミングでインするファンキーなTom Scottのテナー・サックスも最高です。Richardはさらっと弾いていますが(少なくともそうみえる)、こんなの弾けませんよ(笑)。Virginia Sundayはその透明感のあるローズが特徴。途中絡んでくるTom Scottのリリコンも絶妙です。

さあ、そして今日のメインはTake the A train。まあ聴いてみてくださいよ。
YouTubeの映像です。一つ目のは残念ながら途中で切れてしまいます。





ね、ね、すごいでしょ!この二人のコンビネーションのすごいこと。Richardの左手、どうしてこんな動きができるんだろう。でも不思議なことにこんなに弾きまくってても、聴いてて疲れません。やっぱり楽しくなってしまいます。そこが彼のピアノの最大の美点でしょうね。一時代を築いたRichard Teeですが、1993年、癌のため惜しくもこの世を去りました。合掌。
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-13 21:22 | Jazz

Only in my mind

FRONT SEAT

Sadao WatanabeElektra



かつて渡辺貞夫のアルバム、「フロント・シート」を記事にしたことがありました(こちらです)。その中でも僕のいちばん好きな曲が、Only in my mind。パティ・オースチンの明るい張りのあるボーカルとナベサダのまっすぐなサックスが素晴らしいです。歌詞の内容をご紹介したかったので、また記事にしますね。


恋することなんてなかったの
でも心の中だけでも
夢見てもいいかしら

きっとだれかいい人がいるよね
もうずっと待っているの
間違いないわ

そしてあなたが現れた
私の心を開いて
ひっそりとキスをしてくれた
夢が現実になったのよ


↓のPretty Womanよりは妄想よりも現実に近くなった段階ですね(爆)。恋はこんな時がいちばん楽しいかも。YouTubeの映像はありませんでした。残念。でも、このアルバムはほんとにいいので、ぜひ買ってください(笑)。

さてさて、この記事で198記事となりました。200記事目はどんなスペシャルにするかな?

さていつものように和訳の解説と思ったのですが・・・
[PR]
by shigepianoman2 | 2009-06-03 21:55 | Jazz

My Dear Life

マイ・ディア・ライフ~音楽生活50周年記念ベスト
渡辺貞夫 / ユニバーサル ミュージック クラシック



疲れて自分が小さくなった時に、あるいは行き詰って出口が見えない時に聴きたい曲ってないですか?今日ご紹介するナベサダのMy Dear Lifeはそんな時に僕が聴く曲のひとつです。もともとはインスト曲ですが、歌詞を加えたボーカルバージョン(ブレンダ・ラッセルやランディ・クロフォードなどが歌ってます。)もあります。

「なんだ、そんなことどうでもいいじゃないか」。この曲を聴くと、いろんな悩み事が小さいものに思えてきます。そして目の前には果てしない世界が広がっていきます。急に目の前が開けるようなそんな錯覚をも覚えます。So come share with me my dear life・・・なっていわれると力がわいてきますね。彼の素直で明るいアルトサックスの音がまた心を軽やかにします。

My Dear Lifeの収録アルバムはいくつかあるのですが・・・今日はこれにしましょう。「マイ・ディア・ライフ~音楽生活50周年記念ベスト」です。音楽生活50周年、素晴らしいことですね。渡辺貞夫は日本が世界に誇るトップ・サックス奏者であり、世界規模の活躍をつづけてきました。このアルバムは大ヒットした78年の「カリフォルニア・シャワー」から現在に至るまでの足跡の集大成、聴き応えのあるアルバムとなっています。My Dear Lifeの新録音にはランディ・クロフォードがゲスト参加しています。しかし、もうナベサダって75歳?まだまだ元気に幅広く活動をしている姿を見ると、僕もがんばらなければと思います(笑)。

埋め込めるいい動画がYouTubeでは見つけられませんでした。ぜひ、アルバムで聴いてくださいm(__)m
[PR]
by shigepianoman2 | 2008-08-24 15:34 | Jazz
YouTubeの動画が埋め込めるようになりました。待望の機能です!

たとえば、こんな風に・・・



なんとLarry CarltonとLee RitenourのRoom 335です

これから、このブログの更新が楽しくなりそうです!過去も記事も少しずつ埋め込んでいきますね。一部の動画は埋め込み禁止になってますので、全部はできません。ご了承ください。

なお、たくさん動画を埋め込むと読み込みが遅くなる可能性があるそうです。もし、重すぎるようでしたら、お知らせください。
[PR]
by shigepianoman2 | 2008-08-22 21:29 | お知らせ

Sample This

Sample This
Joe Sample / Warner Bros.



さて、Cursadersは少しお休みして、またJoe Sampleに戻ります。Rainbow Seekerの記事のところで、rayさんが紹介してくださったSample Thisです。早速、購入して聴いてみると・・・おいおい、これいいんじゃないの!そんなわけで、また愛聴盤が一枚増えました。

Crusadersのファンである僕にとっては、すべてがもうすでに知っている曲。安心して楽しめます。一曲目のRainbow Seeker IIのあのイントロが始まると身震いします。かつてのRainbow Seekerが海の荒々しい波だとすると、こちらは清流のようになめらかに流れます。次の曲がI’m Coming Back Againだというのもまた象徴的、Dianne Reevesのボーカルがごきげんです。Carmelは相変わらずかっこいい!これも気持ちよく聴けます。Soul ShadowsはDennis Rowlandのボーカルかあ。Bill Withersとはちょいと雰囲気が違うけどこちらもなかなか。Marcus MillersのBassがクール、オリジナルよりビート感が強いな。In All My Wildest Dreamはなんか、そのまんまでほっとできる。昔も今も楽しいなあなんて思いながらね(笑)。Free as the Windは・・・オリジナルとかなり違うぞ・・・およよ、これは自然に体が動くよ!

It Happens Everydayは好きな曲だけに、ちょっと緊張しながら聴くと・・・よし、悪くない!よかったあ(笑)。おぉっ、フルートがサビのメロディを!なかなかいいじゃないか。これもMarcus Millerがクールだし、Gaddが繊細でびっくり。お次はと、何々Street Lifeじゃないか。雰囲気変わるけど、これもいい。これで僕の知ってるバージョンがオリジナルとJoe Sample & Lalah Hathawayのと三つ目。三つの楽しみ方があると考えると楽しい。Put it Where You Want itはどうやるんだろう。これ学生の時、バンドライブでやったなあ・・・おっと、ちょいスローでずっしりしたリズム。少し妖しい感じでなかなかいいぞ。そしてMelodies of Love。やっぱり名曲だなあ。もうしんみり。ジャジーなアレンジがとっても哀しい。これウッドベースだよね。最後のShreveport Stompsはご愛嬌、ラグタイムだよ、おいおい(笑)。


さて、初めてこの辺の音楽をお聴きになる方にもこのアルバムはお勧めですが、昔からのCrusadersファンにとってはどうでしょうか?Joe Sampleのオリジナルを何度もくりかえし聴いてきた僕からするとやはり別物。絶頂期の輝きや緊張感はありません。Jay Anderson、Marcus Miller、Lenny Castro、Steve Gaddという強力なリズム隊ですが、Stix Hooperの「のり」はやはり彼だけのもの。Joe Sampleのピアノタッチもかつての力強さから比べると幾分繊細でやさしくなっています。でも、今はこの方がすんなりと耳に入ってきます。かつては体中に力を入れてグルーブしていて聴いていたのが、今は自然に流れに身をゆだねるように聴くことができますね。彼とともに、僕も年をとったということでしょうか(笑)。だとしたら・・・いい歳月の重ね方だと思います。

結論・・・初めての人もCrusadersのファンも、どちらにもお勧めできる名盤です!
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-02-25 22:48 | Jazz

Rhapsody and Blues

ラプソディ&ブルース
クルセイダーズ / ユニバーサルクラシック



Street Lifeとくれば次はやっぱりこれ。Street Lifeと並んで僕の大好きなクルセナンバーのLast Callが入っているこのアルバム、Bill Withersのボーカルをフィーチャーしています。Bill Withersといえば、Grover Washington Jr.のJust the Two of Usの甘い歌声で人々を魅了したボーカリストです。

一曲目はSoul Shadows、Bill Withersの抑えたボーカルと抑制のきいたCrusadersの演奏が渋い味を出しています。タイトルナンバーのRhapsody and BluesはCrusadersの音楽がじっくりと熟成された、まさにバーボンの深い味わいをもつ曲です。FunkyなHonky Tonk Struttin’もクールです。

そしてLast Call。Wilton Felderの軽快で明るい、でもどこかしら哀調を帯びたナンバーです。まさに男って感じのWilton Felderのサックスもこの曲では軽くやさしい音、ああ、Wilton Felderっていい人なんだなあって思ってしまいます。そしてJoe Sampleのソロ、これも何度聴いたことか。CDはレコードのように擦り切れないのでよかったと思える程です(笑)。若かりし頃、新宿の厚生年金会館でのライブでこの曲が演奏された時はもう興奮して、思わず立ち上がってしまいました。

ちょっと地味目のアルバムだけど、聴けば聴くほど味わいのある曲ばかり、やっぱりこのアルバムも名作ですね。
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-02-23 22:05 | Jazz

Street Life

Street Life
The Crusaders / Universal



やっぱり次はこれ!僕はいまだにCrusadersの最高のアルバムだと思っています。Randy CrawfordのボーカルがフィーチャーされたStreet Lifeは大ヒットしました。それまでインストゥルメンタルだけだったCrusadersにボーカルが加わったことは衝撃的でしたね。

タイトルナンバーのStreet Lifeはフュージョン史に残る名作でしょう。Joe Sampleのローズから始まり、Wilton Felderの哀切あるサックスが、そしてRandy Crawfordのボーカルが絡みin tempoに・・・おぉ~Stix HooperのビートがやっぱりCrusadersだ!まさにCrusadersサウンドなんですが、それにボーカルのRandy Crawfordが全然負けてないところがまたすごい。Joe Sampleのソロも最高だし、終わったところでボーカルが入ってくるところも鳥肌ものです。Wilton Felderの野太いサックスソロが始まるとやっぱりCrusadersだなあと妙に安心します(笑)。11分強もつづく長い曲ですが、最後まで飽きません。

FunkyなCarnival of the Nightも、緊張感があってクールなThe Hustlerも、最後のメロディアスなNight Facesもいいですね。やっぱり全部いいか(笑)。
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-02-18 08:51 | Jazz

Free as the Wind

Free as the Wind
The Crusaders / MCA



Joe Sampleときたので次はCrusadersにしましょう。Street Lifeとどっちにしようか迷ったのですが、今日はこちら「Free as the Wind」にします。

もともとCrusadersは、ハイスクールの同級生だったJoe Sample、Stix Hooper、Wilton Felder、Wayne Hendersonの四人で結成されたグループ。ファンキーなフュージョンサウンドが大人気を博しました。「Free as the Wilnd」はWayne Hendersonが脱退した後にリリースされたアルバム、Larry Carltonも参加しています。大胆にストリングスが取り入れられたアルバムでもあります。

Stix Hooperのドラミングはあくまでファンキー、彼独特のリズムがそのままCrusadersのビートになっています。そこにJoe Sampleの叙情的なピアノとWilton Felderの太いサックスがからみ、他に類を見ないサウンドをつくりだしていました。まさにフュージョンシーンのトップランナーとして走りつづけました。その後、Stix Hooperが脱退するなど紆余曲折がありましたが、2002年に再結成しました。

まずは一曲目のFree as the windからクール、Stix HooperはまさにStix Hooperだし、Joe SampleのソロもまさにJoe Sample、そして途中からCarltonのギターが・・・もう最高です。その後もご機嫌なファンキーサウンドが続きます。中でも好きなのがIt Happens Everyday。Joe Sampleのタイトルですが、彼のメロディーメイカー、そしてピアニストとしての才能が最高に発揮された楽曲だと思います。そうそう、このIt Happens Everydayの邦題ですが、これを旅立ちと訳した方に拍手です。少し前まで日本人の言葉に対する感覚はこんなに繊細だったんですよ。

メインブログの関連記事はこちらです。
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-02-17 23:43 | Jazz

Rainbow Seeker (虹の楽園)

虹の楽園
ジョー・サンプル / ユニバーサルクラシック



カールトンやリトナーのところで話題に出ていたJoe Sampleをご紹介しましょう。Joe Sampleといえば、Crusadersのキーボードとして有名ですね。今日は彼のソロ作品から「Rainbow Seeker (虹の楽園)」をご紹介しましょう。このアルバムは1978年にリリースされて大ヒットしました。Crusadersに関してはたくさん書くことがありますので、また後に記事にいたしますね。

Crusadersといえばファンキーな印象が強いですが、Joe Sampleはこのアルバムでメロディメーカーとしての叙情的な側面をみせてくれます。ドラムはCrusadersのStix Hooperですから、リズムはまさにCrusadersファンクです。しかし、美しいメロディラインはJoe Sample特有のもの。力強いピアノタッチがそれをさらに際立たせてくれます。う~ん、書いていくと叙情的という言葉が軽薄に思えてくるなあ。このアルバムのJoe Sampleらしさを表す言葉が出てこなくてちょっと歯がゆいです。このアルバムには他に強力なホーンセクション、ベースにRobert Pops Popwell、ギターにBarry Finnerty、David T. Walkerなどが参加しています。

一曲目のRainbow Seekerから衝撃です。クールでファンキーなベースとドラム&パーカッションのイントロから、ギター&ピアノが加わり、まるでCrusadersのような・・・でも主旋律のアコピが始まるともうJoe Sampleの世界、彼の強烈な個性が光ります。そしてピアノソロ、もうこれ学生の時から今までに何回聴いただろうか。

そして当時フュージョンバンドをやってると、必ずといっていいほど演奏した三曲目のThere are many stops along the way(道草)も名曲です。これもリズム隊とギターがファンキーでクールだけど、Joe Sampleのピアノが入ってくるとまた数段洗練された音楽に進化します。この曲のアドリブソロは口ずさめますよ(笑)。

道草の感動覚めやらぬうちに、最大の名曲Melodies Of Loveが始まります。Joe Sampleはアコスティックピアノとローズを弾いていますが、どちらも素晴らしいですね。聴いていると昔の切ない恋の思い出がよみがえります。

彼は多くのキーボーディストに影響を与えています。大学のバンドライブのあちこちで、彼の三度下がってから駆け上がるフレーズが聞えてきましたね。シャカタクを始めて聴いた時は、おいおいこんなに影響受けて、というかパクッっていいのかよ、なんて思いました(笑)。

今、聴きながらこの記事を書いていますが、手が何度も止まってしまいます。みなさんもぜひどうぞ!
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-02-15 23:05 | Jazz

夜の彷徨

夜の彷徨(さまよい)
ラリー・カールトン / ワーナーミュージック・ジャパン



Mr. 335といえばもうご存知でしょう。今日はLarry Carltonです。Mr. 335のニックネームは愛用のギブソンES-335に由来します。最高のテクニック、絶妙なチョーキング、程よく粘るディストーション、彼のギターに夢中になったかたも多いのではないでしょうか。

よくLee Ritenourと並び賞されますが、Ritenourの音楽が比較的計算されて優等生的であるのに比較して、Carltonの音楽はまさにギターのための音楽です。彼は楽しそうに、軽く弾いているように見えるのですが、高度なテクニックと鋭いセンスで裏打ちされたその演奏は驚嘆に値します。ほんとにギターが気持ちよく歌っている、そんな風に思えます。僕のバンド仲間のギタリストたちは、口を揃えるようにこういっていたのを覚えています。「あんなの弾けないよ。」。Carltonは何度かライブに行ったことがありますが、もういつもライブの後は放心状態でしたね(笑)。

さあ、そんな彼のアルバムといえば、まず「夜の彷徨」をご紹介しなければいけないでしょう。共演はGreg Mathieson、Jeff Porcaro、Abraham LaborielなどWest Coastを代表するミュージシャンたち。一曲目のRoom 335はフュージョンを代表する名曲です。フュージョン系のバンドをやってた人は絶対一回は演奏したことありますよね。僕も学生時代にGergのローズをコピーしましたよ、あの耳タコのお決まりのフレーズもね(笑)。いまでも少しは弾けます。Steely Danのあの曲とイントロがそっくりっていうのはいいっこなしです(笑)。Jeff Porcaroはご存知Totoのメンバー、West Coast最高のドラマーでしょうね。AbeはRitenourなどともよく共演してますが、このアルバムではとっても楽しそうに自由に演奏している感じがします。335の他にもRio Samba、Point It Up、Don't Give It Up・・・どれも好きですね。聴いているとどんどんドライブされていく感じがします。Crusadersの「Free as the Wind」にも入ってるNite Crawlerもなかなか。彼のボーカルナンバーもありますが、まあそれもご愛嬌(笑)。It Was Only Yesterdayでしっとりと終わります。

フュージョン全盛時代の名アルバムとして、持っていても絶対に損しない名盤でしょうね。
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-02-11 18:33 | Jazz