Shige's Photo Diaryに登場する曲を中心に音楽についての四方山話を綴ります


by shigepianoman2

Strokin'

ストローキン(K2HD/紙ジャケット仕様)

リチャード・ティー / ビクターエンタテインメント



200件目の記事を書いていて、Michel Petruccianiの映像をYouTubeで探している時でした。Petrucciani、Steve Gadd、Anthony JacksonのLive in TokyoでのTake the A trainを見つけて興奮して見ていると、関連映像のところに「Richard Tee & Steve Gadd - Take The A Train」なんてのを見つけました。まさか、でも、あれだよね。ピンときた僕は、すぐさまクリック。やっぱりそうだ!というわけで、今日はRichard TeeのStrokin'をご紹介しましょう。あっ、そうそう、このLive in Tokyoについてもいずれ記事にしますね。

Richard Teeといえば1970年代後半に活躍した伝説のグループStuffの中心メンバーであり、独特のストロークとラグタイムの要素を取り入れたファンキーなプレイが特徴のフュージョンピアニストです。すぐに彼のものだとわかる彼の個性的な演奏は1970~80年の多くのフュージョンアルバムで聴かれました。ナベサダとも何度も共演しています。彼の陽気な演奏は、聴く者が疲れてしまうような「きめ」やテクニック偏重の当時のフュージョンシーン(それはそれでかっこよくてよかったですが)の中で異彩を放ち、聴く者を楽しく、ほっとさせたものでした。でもやっぱりテクニックは超絶。彼の左手なんてコピーできません(笑)。

さて、このアルバム「Strokin'」は1979年にリリースされた彼の初リーダー作です。Bob Jamesの主宰するTappan Zeeレーベルからのリリースです。参加メンバーがまたすごい!Steve Gadd、Eric Gale、Chuck Rainey、Tom Scott、Michael Breckerと豪華メンバーが並びます。しかし、強力な参加メンバーであっても、アルバムは完全にリチャード色に染まっています。とにかくご機嫌な彼のサウンドは聴いていると思わず体が動いてしまいます。

最後のTake the A trainは別格として、僕の好きなのが、1曲目のStrokin'と5曲目のVirginia Sunday。Strokin'はミディアム・テンポののりのいい曲。強力なGaddのドラムにのせ、Richardのアコスティック・ピアノが自由奔放に踊ります。Ericの絶妙なカッティング、途中最高のタイミングでインするファンキーなTom Scottのテナー・サックスも最高です。Richardはさらっと弾いていますが(少なくともそうみえる)、こんなの弾けませんよ(笑)。Virginia Sundayはその透明感のあるローズが特徴。途中絡んでくるTom Scottのリリコンも絶妙です。

さあ、そして今日のメインはTake the A train。まあ聴いてみてくださいよ。
YouTubeの映像です。一つ目のは残念ながら途中で切れてしまいます。





ね、ね、すごいでしょ!この二人のコンビネーションのすごいこと。Richardの左手、どうしてこんな動きができるんだろう。でも不思議なことにこんなに弾きまくってても、聴いてて疲れません。やっぱり楽しくなってしまいます。そこが彼のピアノの最大の美点でしょうね。一時代を築いたRichard Teeですが、1993年、癌のため惜しくもこの世を去りました。合掌。
[PR]
# by shigepianoman2 | 2009-06-13 21:22 | Jazz

You are the sunshine of my life

Talking Book

Stevie Wonder / Uptown/Universal



スティービー・ワンダーは何度か登場していますが、今日はこの曲、You are the sunshine of my lifeをご紹介しましょう。何ともストレートなラブソング。聞いているだけで明るい気分になってしまいます。こんなに純粋な心で純粋な気持ちを伝えられたらいいですね。なかなか、日本語では難しいです(苦笑)。この曲は1972年にリリースされたアルバム、「Talking Book」に収録されています。You are the sunshine of my lifeはSuperstitionとともに全米No.1を獲得しています。


君は僕の太陽だから
僕はいつも君の傍にいる
君はいちばん大切な人だから
ずっと僕の心の中にいるよ

もう百万年も君を愛しているのに
まるで恋が今から始まるようだね
この恋が終わるなんて考えたら
涙で溺れてしまうよ

君は僕が寂しかったって知ってたんだね
そんな僕を救ってくれたんだから
もう天にも昇る気分さ
どうしてこんなにも愛してくれるんだい


いやあ、もうお腹一杯(笑)。

YouTubeの音源です




ライブ映像です



さて歌詞の訳ですが・・・
[PR]
# by shigepianoman2 | 2009-06-10 22:26 | R&B/Soul

Pianism

Pianism

Michel Petrucciani / Blue Note Records



2006年8月6日に本ブログを開設していらい早や2年と10ヶ月、途中記事の間隔が大きくあいてしまったことも何度かありますが、なんとか200記事目までこぎつけることができました。まずは、私のブログをご訪問いただいている皆様に深謝いたします。これからもよろしくお願いいたします。ついでに統計ですが、レポート数(ユニークアクセス)は累計でもう少しで20000アクセス、平均で一記事あたり約100アクセスです。最近のページビューは月あたり1000~1500となっています。メインのブログに比べると10分の1ですが、少々マニアックなブログにしては多くのみなさんにご訪問いただいており、うれしいかぎりです。

さて、200記事の区切りに何の記事をアップするか大いに迷ったのですが、やはりジャズにすることにしました。今日は奇跡のピアニストと称されるミシェル・ペトルチアーニのアルバム、「Pianism」をご紹介しましょう。ちょっと長いですがおつきあいください。最後まで読まれるとなぜこのアルバムを選んだのか、お分かりいただけると思います。

ミシェル・ペトルチアーニ(Michel Petrucciani)は、フランス出身のジャズ・ピアニストです。フランスでも最高のジャズ・ピアニストと評価されていました。36歳で急逝しましが、ショパンの墓のすぐ近くに埋葬されるほどに、人々から愛されていました。幼少の頃からクラシックピアノを学んでいましたが、彼の心にはデューク・エリントンのピアノ演奏が深く刻み込まれており、ジャズを志すようになりました。13歳で最初のコンサート、15歳でプロデビュー、18歳の時に初めてトリオを組みレコーディングをしました。さらに1982年(20歳)にはペトルチアーニはアメリカへ渡ります。アメリカではウェイン・ショーター、ディジー・ガレスピーなど様々なジャズミュージシャンと共演、フランス人としては初めて名門ジャズレーベルのブルーノート・レコードと契約にいたりました。彼はフランスの誇りでもあり、1994年にはレジョン・ドヌール勲章を受章、2002年6月にはパリ18区の広場が「ミシェル・ペトルチアーニ広場」と命名されました。

彼の演奏はビル・エヴァンスらの影響を受けてはいますが、そのスタイルは独自性が強く、リリカルでありながらエネルギッシュなプレイは人の心を強く揺さぶります。その音はしんの強いものでありながら、繊細なやさしさも内包しています。まずは彼のピアノを聴いてみてください。このアルバムには入っていないMy Romanceという曲で、短いクリップですが素晴らしいです。

YouTubeの映像です。



さあ、みなさんどうでしたでしょうか。多くの方が彼の演奏を初めて聴いた時、涙するといいます。僕もそのうちの一人、完全に彼の虜になりました。

ここまで、彼のもうひとつの特徴である先天性疾患のことはあえて書きませんでした。まずは彼の「音」を聴いて欲しかったからです。彼は骨形成不全症という先天性疾患を背負っていました。生まれつき骨が構造的に弱いため、身長は1mほどにしかのびず、骨の変形からくる感染症をはじめとした合併症により寿命が限られていました。彼の場合は20歳まで生きられればいいと言われていたようです。彼の骨は非常にもろかったので、演奏席まで他人に運んでもらわねばならなかったそうです。幸い腕は標準的なサイズであったので、鍵盤を弾くことはできました。とはいえ、体のハンディキャップは大きく、どうしてあのような素晴らしい演奏ができるのか、信じられないほどです。

繰り返しになりますが、彼は20歳までしか生きられないであろうと言われていました。でも音楽が彼の命を支えていたのでしょうか。実際には予想よりはるかに長く生きながらえることができました。しかしながら、人が人であるかぎり避けられない運命というものがあります。ツアー中にニューヨークで急性肺炎を起こし急逝しました。36歳の誕生日から10日足らずのことでした。

彼の音楽を聴くとどうして涙がでてくるんでしょうか。自らの不幸な運命を嘆き、自殺未遂を繰り返した時期もあったようですが、そんな彼の人生が悲惨だったからからでしょうか。いや、そうではありません。彼が先天性疾患を患った代わりに天から比類なき音楽の才能をもらったという事実があるからでしょうか。いえいえ、そんな陳腐なメロドラマでもありません。彼の音にはそんなことを微塵にも感じさせない生命の力があふれています。病気であることは、彼の多くある特徴・個性のひとつにすぎません。彼は短い人生ながらも人生を肯定的に受け入れ、自分の天賦の才を努力によって最大限に発揮させたのです。だからこそ、その音楽を聴く人が彼のエネルギーを感じとり、心を震わせるのです。

さて、アルバム「Pianism」の紹介です。1985年の作品であり、ブルーノート・レーベルでの初めてのリリースです。彼のアルバムのなかでは比較的地味ですが、僕はいちばん好きです。まず一曲目、Prayerが静かに始まります。最初の一音から、すっと心の中に入って彼の世界に包まれてしまいます。ピアノソロからドラムとベースが入ってインテンポに変わるところは、わずかに力強くなりますがまだ静かなまま、それなのにぐっときます。しばらくすると彼のピアノだけが素晴らしいのではないとわかってきます。ベースとドラムの絡み方が絶妙で彼のピアノをさらに高めているのです。静かに始まるアルバムとういのはあなどれません。そういえば、エバンスのワルツ・フォー・デビー、You must believe in springもそうですね。次のOur Tuneはご機嫌なサンバナンバー、バンドのメンバーの楽しそうな顔が目に浮かぶようです。テクニックは素晴らしく、彼に障害があること忘れてしまいます。まさにかっこいいという言葉がふさわしい4ビートナンバーのFace's Face、僕の好きなNight and Dayと続きます。Night and Dayのベースとドラムの入り方も最高。楽器が加わるのに、「静かに」 インしてきます。それに合わせるようにこれもまたすっと自然にタッチを抑え気味にするペトルチアーニも素晴らしいです。そう、呼吸と間と音の空間を読み取る力、バンドにもっとも大切なことでしょうね。そのあと、しっかりと刻まれたリズムの上で、自由奔放に指と手をすべらせ、腕を羽ばたかせるペトルチアーニ。9分半の時間があっという間に過ぎていきます。Here's that rainy dayは最初にほんの少しだけエバンスの影が横切りましたが、その後はまさにペトルチアーニ。彼独自の叙情がしっとりと音の中に内包されています。途中の息をのむような早弾きのところも、しっかりとしたテクニックのためか安心して身を任せられます。そして最後の曲のReginaがまたいい。渋いベースラインでかっこよく始まったと思うと、その後はまさにバンドが一体となって、緩急、強弱を自在に操ります。ふぅ~よかったあ・・・また聴こっと(笑)。

今日はミシェル・ペトルチアーニとの出会いを感謝して、記事を終わりたいと思います。ぜひとも彼のピアノを聴いてみてください。音楽の意味、いや人が生きるということの意味をふと考えたくなります。でもしばらくすると、音にすっかりと身を委ねてしまって何も考えなくなるんですよね(笑)。

さて、ほんとに長くなってしまいました。200記事目はいかがでしたでしょうか。これからもSlightly out of Tuneをよろしくお願いいたします。

もうひとつアップしておきましょう。Jim Hallとの共演で、Beautiful Loveです。


[PR]
# by shigepianoman2 | 2009-06-05 17:19 | Jazz

Definitive Collection

Eric Carmen / Arista



今日の記事は199件目、200記事まであとひとつです。金曜~日曜あたりにアップとなりそうです(うまくいけば・・・)。

今日はエリック・カルメンの最大のヒット曲、All by myselfをご紹介します。

エリック・カルメンは70年代~80年代に活躍したアメリカのロック・ボーカリストです。その甘いマスクと歌声に魅了された方も多いかと思います。幼少の頃から音楽に親しみ、3歳になった時すでにクリーブランド研究所に登録されたというから驚きです。小学生の頃にはもう自分で曲を書いていました。そんな彼がビートルズやストーンズに影響され、ロックに目覚めバンドを結成したのが、高校生の時でした。大学に入るとラズベリーズを結成、ボーカリストとしてメジャーデビューを果たしました。ラズベリーズは1974年には解散、エリックはソロボーカリストとして活躍しはじめ、Never gonna fallin' love again、Change of Heart、That's rocck'n roll、Boats against the currentなどのヒットをとばします。彼は作曲家としても才能を発揮しました。映画「フット・ルース」にAlmost Paradise、「ダーティダンシング」にHungry eyes、Make me lose controlなどを提供しています。

All by myselfはエリックのソロ転向後の第1弾シングルとなったバラードで、彼の代表作です。1975年にシングルカットされ、1976年に全米最高位2位を記録しました。エリック自身が、自分の作品の中で最もいいメロディーを持った曲のひとつとして選んでいるほど美しい旋律の曲です。セリーヌ・ディオンなどもカバーしていますね。曲の途中でラフマニノフのピアノ協奏曲第2番第2楽章の一部が挿入されており、7分以上におよぶ大作となっています。歌詞はいたってシンプル。その分、余計に心に訴えるものがあります。


若い頃は誰も必要じゃなかった
人と愛し合うこともただの遊びだった
そんな日々は終わった

一人でいると
友達のことを思い出す
でも電話しても
誰もでないんだ

ひとりでいたくない
さみしいのはいやだ
孤独でいたくない
もうさみしいのはいやだ

心は穏やかではいられず
時々不安にかられる
愛はもはや遠くにかすんでいるけど
まだ僕を救ってくれるだろうか


歌の内容はちょっと暗いですが、でもエリック・カルメンってすっごくもてたんじゃなかったかな。かつて、インタビューで趣味はと聞かれて、「女の子」って答えているし(笑)。

YouTubeの映像です。



さて、恒例の和訳解説ですが・・・
[PR]
# by shigepianoman2 | 2009-06-04 09:10 | Rock

Only in my mind

FRONT SEAT

Sadao WatanabeElektra



かつて渡辺貞夫のアルバム、「フロント・シート」を記事にしたことがありました(こちらです)。その中でも僕のいちばん好きな曲が、Only in my mind。パティ・オースチンの明るい張りのあるボーカルとナベサダのまっすぐなサックスが素晴らしいです。歌詞の内容をご紹介したかったので、また記事にしますね。


恋することなんてなかったの
でも心の中だけでも
夢見てもいいかしら

きっとだれかいい人がいるよね
もうずっと待っているの
間違いないわ

そしてあなたが現れた
私の心を開いて
ひっそりとキスをしてくれた
夢が現実になったのよ


↓のPretty Womanよりは妄想よりも現実に近くなった段階ですね(爆)。恋はこんな時がいちばん楽しいかも。YouTubeの映像はありませんでした。残念。でも、このアルバムはほんとにいいので、ぜひ買ってください(笑)。

さてさて、この記事で198記事となりました。200記事目はどんなスペシャルにするかな?

さていつものように和訳の解説と思ったのですが・・・
[PR]
# by shigepianoman2 | 2009-06-03 21:55 | Jazz

Oh Pretty Woman

オー・プリティー・ウーマン

ロイ・オービソン / EMIミュージック・ジャパン



いつものようにiPodを聴いていたら、ひさびさにこの曲がかかってきました。ロイ・オービソンのOh Pretty Womanです。60年代なんだけど、まあいっかあということで今日はこの曲の記事をアップします。

ロイ・オービソンはアメリカの歌手。伸びやかな歌声とロカビリー調の曲で1960年代に成功をおさめました。特に1964年にリリースされたこの曲は全米・全英チャートでともに1位を獲得し、全世界で400万枚のセールスを記録しました。ロイはデビューから32年後の1987年にロックの殿堂入りを果たしています。

この曲はリチャード・ギア、ジュリア・ロバーツ主演の映画「プリティ・ウーマン」の主題歌にも採用されました。この映画、大人のロマンティックなおとぎ話として当時大ヒットしましたね。僕も何度か見ました。単純明快で、何も考えずに楽しめるアメリカ映画です。ヴァン・ヘイレンのハードなカバーバージョンもありましたね。たしか、このカバーも大ヒットしました。

ロイ・オービソンはビートルズとも関わりがありました。1963年に、まだデビューしたてで人気の出てきた頃のビートルズとのジョイント・ツアーを行いました。1988年にはジョージ・ハリスンとジェフ・リンによって結成されたスーパーバンド、トラベリング・ウィルベリーズにボブ・ディラン、トム・ペティとともに参加しています。ウィルベリーズのアルバム「トラベリング・ウィルベリーズ ヴォリューム・ワン」は全米のビルボードのアルバムチャートでトップ10以内にランクインしています。しかしながら1988年12月6日、心筋梗塞のため急逝。その突然の訃報は世界に衝撃を与えました。


「いかした」娘(こ)が歩いてるぜ
こんな娘にあいたかったんだ
とびっきりきれいだよ
君は最高さ

許してくれ
どうしても見てしまうよ
もう最高さ
君もフリーだといいな


すごいかわいい子に出会って、こいつ妄想してるなって感じの歌です(笑)。この後の歌詞なんてまじめに訳すと恥ずかしくなってきますよ。というわけでこのくらいにしておきます。簡単な英語なのでみなさんどうぞ。

YouTubeでのライブ画像です。なんと渋くモノクロ。

HQのボタンがでないことがあるようです。画面をクリックするか、右クリックでwatch on YouTubeを選ぶかしてYouTubeのページ内で見るといいようです。その後、表示されているHQボタンをクリックすると高画質高音質となります。




ついでにヴァン・ヘイレンのもアップしておきます。すげえ~アメリカン(笑)。



さていつもの和訳解説ですが・・・
[PR]
# by shigepianoman2 | 2009-05-31 17:13 | Rock

Crazy Love

Legend

Poco / MCA



70年代、80年代のポップス&ロックを続けましょう。

僕が高校のころだったかな。ある時、FMを聞いていると、さわやかなコーラスがとても印象的な曲が流れてきました。美しいけど物悲しいそのメロディが気に入ったのですが、その頃はすぐにレコードが買えるような状況でもなかったし、そのうち忘れてしまいました。ただグループ名と曲名だけは憶えていました。数年前にiTune Storeができたころ、ポップスのジャンルの曲を手当たりしだい試聴していると・・・なんとこの曲があるではありませんか!早速購入、ダウンロードしました。

そんなわけで今日はPOCOです。POCOは1970年代から現在にいたるまで活躍しているアメリカのカントリーロックグループ。その代表作がこのCrazy Loveです。この曲はビルボードのAdult Contemporary chartで1位を獲得するヒットとなりました。


今日、僕は彼女と別れるよ
君はそのまま待っていてくれよ
これからは僕は色あせた記憶には
しばられないつもりだ

彼女とのことは乗り越えたから
いつかは傷ついた心も癒えるだろう
でも彼女の名を聞くと
やっぱり涙してしまうだろうね

いつものことさ、僕のバカな恋なんて
僕の心を覆いつくして
それを解き放すこともできないんだ

ああ、なんてバカな恋なんだろうね

YouTubeの映像です。最近のライブのようですが、さわやかな声は変わりませんね。しんみり聴いてしまいます。ぜひHQで聴いてください。再生ボタンをクリックしたあとで、HQの文字のところをクリックすると赤に変わります。HQのボタンがでないことがあるようです。画面をクリックするか、右クリックでwatch on YouTubeを選ぶかしてYouTubeのページ内で見るといいようです。その後、表示されているHQボタンをクリックすると高画質高音質となります。


[PR]
# by shigepianoman2 | 2009-05-30 00:44 | Rock