Shige's Photo Diaryに登場する曲を中心に音楽についての四方山話を綴ります


by shigepianoman2

TOTO IV

TOTO IV~聖なる剣
TOTO / Sony Music Direct




このアルバムは今でもTOTOの最高傑作だと思っています。そんなわけで、タイトルを曲名にせずアルバム名にしました。

1982年にリリースされたこのアルバム、グラミー賞を6部門受賞しました。一曲目のRosannaから最後のAfricaまで、とっても楽しませてくれます。

緻密に計算されたアレンジとそれぞれのメンバーの技術がうまく組み合わさって、このアルバムの完成度は非常に高いものとなっています。前の記事でも書いたようにジェフ・ポーカロのドラミングは最高だし、スティーヴ・ポーカロのシンセアレンジも素晴らしいの一言。デビット・ペイチは当時最新の技術を使ったYAMAHAのFM音源キーボードのGS-1を駆使していましたが、羨望の的でしたね。Africaのイントロは印象的です。そしてルカサーがまたすごい!もう弾きまくってますし、音が分厚い!確か、レコーディングの時にスタジオの別の部屋にギターアンプを置いて、それぞれをマイクで拾い、ステレオで録音したのだと思います。ちょっとうろ覚えで自信ありませんが。大ヒット曲のRosanna、Africaはもちろんのこと、バラードのI Won't Hold You Back、Afraid of Love、Lovers in the Nightなどもいいですね。

それにしてもこのアルバムは、ある意味ヒットのために狡猾にといっていいほどに作りこまれていましたが、その巧妙さがかえって「商業的」だという批判も浴びました。ポリスをはじめとした、シンプルな構成のイギリスのロックに、より共感を感じる方も多かったと思います。僕は?どっちもよかったですよ。どちらもそれぞれの心地よさがあり、それぞれに楽しめましたから。ただし、完成度の高さがTOTOにとって、かえってプレッシャーになったのか、その後、このアルバムを越えるものはでなかったような気がします。
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-05-30 22:13 | Rock