Shige's Photo Diaryに登場する曲を中心に音楽についての四方山話を綴ります


by shigepianoman2

Rainbow Seeker (虹の楽園)

虹の楽園
ジョー・サンプル / ユニバーサルクラシック



カールトンやリトナーのところで話題に出ていたJoe Sampleをご紹介しましょう。Joe Sampleといえば、Crusadersのキーボードとして有名ですね。今日は彼のソロ作品から「Rainbow Seeker (虹の楽園)」をご紹介しましょう。このアルバムは1978年にリリースされて大ヒットしました。Crusadersに関してはたくさん書くことがありますので、また後に記事にいたしますね。

Crusadersといえばファンキーな印象が強いですが、Joe Sampleはこのアルバムでメロディメーカーとしての叙情的な側面をみせてくれます。ドラムはCrusadersのStix Hooperですから、リズムはまさにCrusadersファンクです。しかし、美しいメロディラインはJoe Sample特有のもの。力強いピアノタッチがそれをさらに際立たせてくれます。う~ん、書いていくと叙情的という言葉が軽薄に思えてくるなあ。このアルバムのJoe Sampleらしさを表す言葉が出てこなくてちょっと歯がゆいです。このアルバムには他に強力なホーンセクション、ベースにRobert Pops Popwell、ギターにBarry Finnerty、David T. Walkerなどが参加しています。

一曲目のRainbow Seekerから衝撃です。クールでファンキーなベースとドラム&パーカッションのイントロから、ギター&ピアノが加わり、まるでCrusadersのような・・・でも主旋律のアコピが始まるともうJoe Sampleの世界、彼の強烈な個性が光ります。そしてピアノソロ、もうこれ学生の時から今までに何回聴いただろうか。

そして当時フュージョンバンドをやってると、必ずといっていいほど演奏した三曲目のThere are many stops along the way(道草)も名曲です。これもリズム隊とギターがファンキーでクールだけど、Joe Sampleのピアノが入ってくるとまた数段洗練された音楽に進化します。この曲のアドリブソロは口ずさめますよ(笑)。

道草の感動覚めやらぬうちに、最大の名曲Melodies Of Loveが始まります。Joe Sampleはアコスティックピアノとローズを弾いていますが、どちらも素晴らしいですね。聴いていると昔の切ない恋の思い出がよみがえります。

彼は多くのキーボーディストに影響を与えています。大学のバンドライブのあちこちで、彼の三度下がってから駆け上がるフレーズが聞えてきましたね。シャカタクを始めて聴いた時は、おいおいこんなに影響受けて、というかパクッっていいのかよ、なんて思いました(笑)。

今、聴きながらこの記事を書いていますが、手が何度も止まってしまいます。みなさんもぜひどうぞ!
[PR]
by shigepianoman2 | 2007-02-15 23:05 | Jazz